フィルハーモニー・ド・パリがオープン

Published on 2015年 1月 27日
フィルハーモニー・ド・パリがオープン Avenue Jean Jaurès 75019 Paris fr

2015年1月14日、ラ・ヴィレット公園内に待望の音楽ホール「フィルハーモニー・ド・パリ」が5年に渡る大工事を終えオープンしました。 

パリに誕生した新しい音楽の中心、フィルハーモニー・ド・パリは、ジャン・ヌーヴェルが設計した新建築フィルハーモニー1号館と、旧シテ・ド・ラ・ミュージック(クリスチャン・ド・ポルザンパルク設計、1995年オープン)を利用したフィルハーモニー2号館からなっています。

コンサートなど主な公演は大ホールで行われ、世界から集う音楽好きを魅了します。大ホールは2400人収容可能で、素晴らしい音響設備が整えられており、有名なクラシックレパートリーから、ジャズ、ワールド・ミュージック、ポップなど現代音楽まで、幅広い音楽表現の場として利用されます。 

1月14日の落成記念ガラコンサートでは、モーリス・ラヴェル作曲の管弦楽組曲「ダフニスとクロエ」が(指揮:ピエール・ブーレーズ、演奏:ニューヨーク・フィルハーモニック)披露されました。

 

アクセス

メトロ : 5番線ポルト・ド・パンタン駅
トラムウェイ : 3B線ポルト・ド・パンタン駅
バス : 75線、151線、N 13線、N 140線
 : 環状道路およびジャン・ジョレス大通りから直接アクセスできる駐車場2か所(四輪車および二輪車用に計1000台分のスペースを用意)
Taxi : 以下の2か所にタクシー乗り場あり
セルニエ通り(boulevard Sérurier)ポルト・ド・パンタン、ジャン=ジョレス大通り(avenue Jean-Jaurès)のカフェ・デ・コンセール前

アドレス

Philharmonie de Paris 221, avenue Jean Jaurès 75019 Paris

見どころ

見どころ