ワイン産地別生産者組合のご紹介

Published on 2014年 11月 20日
  • © Atout France/Maurice Subervie

  • © Atout France/Michel Angot

ワイン産地別生産者組合のご紹介

気候も風土も違うフランスの各地域では、それぞれが独特の特色をもったワインが作られ、守られております。
ここでは、代表的名フランスのワイン生産地のご紹介と、その製造から販売まで協力し合っている組合のご紹介を致します。

生産地と組合のリンク

ALSACE アルザス

ストラスブールを玄関口にリクヴィール、リボーヴィレ、オベルネ、エギスハイム、コルマールなど可愛らしい観光地も様々です。
ヴォージュ山脈とライン川に挟まれたこの地域は北から南へとワインルートもございます。
白ワインが中心で、アルザス特有のグラスで飲むのも特徴です。

アルザスワインの特徴から生産者リストまで載っている組合のオフィシャルサイトはこちらからどうぞ。
http://www.vinsalsace.com/ja/

 

BEAUJOLAIS ボージョレー

日本でも毎年、解禁日にはお祭り騒ぎの有名なボージョレー。今年は11月20日が解禁日でした。
玄関口はリヨン。街がユネスコ世界遺産に指定され、美食の街としても有名です。

生産者リスト、ワインツーリズムのご提案まで、ボージョレーに関する情報が満載の英語のサイトです。
http://www.beaujolais.com/index.php?codej=anglais&lang=fr&page=INDEX&tim...

 

BORDEAUX ボルドー

紀元前300年には存在していたボルドーは港もあり流通の玄関口としても観光の面でも広く知られている街です。
メドック、サンテミリオンなど世界に名を馳せるワイナリーが連なる場所でもあります。

ボルドーワインの詳細、ワイナリー地図、ワインスクールの紹介も載っているサイトです。
http://www.bordeaux.com/jp

 

BOURGOGNE ブルゴーニュ

英語ではバーガンディー。ディジョンを玄関口にボルドーと並んで人気が高いブルゴーニュワイン。 ブルゴーニュワインを使った名物料理、ブッフ・ブルギニヨンは是非ここで食べたいものです。
5つのワインルートがあり、ツアーでも多く訪れられております。

ワインルートの詳細、ワインイベントのご紹介などが載った英語サイトです。
http://www.bourgogne-wines.com/

 

CHAMPAGNE シャンパーニュ

パーティーの導入に飲めば、一気に華やぐ高貴なワイン、シャンパン。シャンパーニュ地方で作られたものしかシャンパンと呼ぶことが出来ないのはご存知ですか?
ユネスコ世界遺産に登録されている大聖堂で有名なランスが玄関口で、そのたトロワ、エペルネといった村も訪れられています。

生産者のリスト、ワインツーリズムのご提案で試飲のできるセラー等も乗っている英語のサイトです。
http://www.champagne.fr/en/homepage

 

VAL DE LOIRE ヴァル・ド・ロワール

ユネスコ世界遺産に登録されているロワール川一帯には、かつてのフランス国王が建てた古城が立ち並び、シュノンソー城やシャンボール城、アンボワーズはツアーでも多く訪れられています。
オルレアンからナントへとロワール川をたどれば、ブロワ、アンボワーズ、トゥール、アゼルリドー、シノン、ソミュール、アンジェ・・・とお城も自然も、ワインも楽しめる観光ルートです。

ワイン畑、生産者の紹介が載った英語のサイトです。
http://www.vins-centre-loire.com/en/actualites/

ロワールワインの詳細を日本語に訳してあるありがたいサイト。
http://www.vinsvaldeloire.fr/ja_ja/

 

COTES DU RHONE コート・デュ・ローヌ

大司教が置かれたアヴィニョンが玄関口名だけあり、ワインの歴史の古さには誇りを持つ地域。 
リュベロン、ローマの遺産ポンデュガールなど観光地としても有名どころが多い地域です。

ワインの試飲が出来るところや、観光情報も載った英語サイトです。
http://www.rhone-wines.com/en/visit

 

まずはワインを飲んでからという方には日本に輸入しているワインを検索できるサイトをご紹介いたします。

フランス食品振興会 SOPEXA JAPANのオフィシャルサイトにはフランスのワイン産地から選べる日本に輸入されているフランスワインのリストが紹介されております。
http://top-terroir.jp/wine/categoryTop

ワインがお気に召しましたら、是非その方面のワインツーリズムを造成されてみてはいかがでしょうか。