パリ・デザインウィーク

Published on 2014年 8月 27日
  • © VEGETAL_ATMOSPHERE

  • © VEGETAL_ATMOSPHERE

  • © BENOIT_GAIGNARD

  • © ISAMU NOGUCHI

パリ・デザインウィーク Paris fr

フランス最大のインテリア・デザインの見本市「Maison et Objet(メゾン・エ・オブジェ)」の関連イベント、パリ・デザインウィークは今年で第4回目。2014年9/6(土)~13(土)まで開催されます。様々なブティックやギャラリーが特別展示やデザイン性に富んだ商品の発表をする他、街中約120か所にオブジェやひとひねりある芸術作品が設置され、緑の蛇のようなデザインの建物で有名なセーヌ河沿いの文化施設シテ・ド・ラ・モードでは20か国から100人以上の若手デザイナーの作品も展示されます。業界向けである見本市「Maison et Objet(メゾン・エ・オブジェ)」とは異なり、一般向けのイベントになっています。

ザ・コンラン・ショップ(The Conran Shop)
パリ・デザインウィークと同時期に新コレクションを店内で販売します。シックという精神のもと選び抜かれた家具、アクセサリー、ギフトが勢ぞろい。
住所:117, rue du Bac, 75007 Paris

ジャン・ヌーヴェル・デザイン(Le studio Jean Nouvelle)
世界的に有名な建築家ジャン・ヌーヴェルの事務所ではデザイナー家具会社カッシーナやアルテミデなどの為に考案された作品を展示します。
住所:10, cité d'Angouêlme, 75011 Paris

スクール・ギャラリー(School Gallery)
高級デリカテッセンのル・ノートルは食べ物とデザインの融合作品を展示。今年のテーマは「スーパーヒーローの再来」。フランドル派の絵画から抜けだした巨大砂糖菓子の展示など、グルメと芸術の融合に期待が高まります。
住所:322, rue Sainr-Martin, 75003 Paris

セントウ・エディション(Sentou Editions)
趣味のいい家具、小物を手軽な料金で提案するデザイン家具ショップSentou(セントウ)。バスチーユ地区にあるセントウのギャラリーでは日系アメリカ人のインテリアデザイナー、イサム・ノグチの「灯り」コレクション回顧展を開催。
住所:14, rue Moreau, 75012 Paris

パリ植物 (le Musée national d'histoire naturelle)
ミネラルや植物を使った作品を得意とするデザイナーのAlexis Tricoireはパリの植物園で「雑種形成(Hybridations)」という多種多様な植物が繁茂する奇想天外な世界を作成。
住所:57, rue Cuvier, 75005 Paris

パリ・デザインウィークの公式サイトはこちら 

見どころ

見どころ