暑い時期にはすっきりとした味わいのシャンパンを

Published on 2014年 6月 16日
  • © Laurent-Perrier

  • © Laurent-Perrier

  • © Laurent-Perrier

  • © Laurent-Perrier

  • © Laurent-Perrier

暑い時期にはすっきりとした味わいのシャンパンを

梅雨も中盤に差し掛かり、蒸し暑く感じる日も少しずつ増えてきましたね。その中でも、すっきりと美味しく飲めるローラン・ペリエのシャンパンを今回はご紹介します。1981年に誕生したシャンパン、ローラン・ペリエ ウルトラ ブリュットです。素材の美味しさを本当に味わうためには味の濃いソースは必要ないというのが、フランスにて80年代台頭してきたヌーベル・キュイジーヌの考え方です。ヌーベル・キュイジーヌでは、素材が新鮮で、素材そのものの品質が高く、かつそれを素直に表現する事を大切にします。

ローラン・ペリエ ウルトラ ブリュットは同じコンセプトに基づき誕生しました。1981年にベルナール ドゥ ノナンクールの先見性により、類稀な、素直な、軽やかな新しいスタイルとして世に出され、瞬く間にうけいれられ、時代の潮流を作り今日までゼロ・ドサージュ(加糖なし)のシャンパンの先駆者としての地位を築いています。

一切、ドサージュ(加糖)しないシャンパン。全くの素顔のシャンパン。ドサージュしないだけなら誰でも出来るはず・・・・しかし、他の大手メゾンは追随することができませんでした。

卓越したこだわりと匠の技。 品質の高い完熟したぶどうを入念に選別する事、そしてシェフ ド カーヴの匠の技、これらがなければ全く素顔のままの、しかも美しいバランスを持つシャンパンは造れません。 凛とした、それでいで繊細で純粋な味わい・・・・・。ローラン・ペリエ ウルトラブ リュットは、その長く長く続くフレッシュさ、上品さ、自然な味わいがあります。

ヌーベル・キュイジーヌが生まれて30年あまり、最高の素材をシンプルに組み合わせて最高の味を作り上げる流れは、加速する事はあれ衰える事はないでしょう。ローラン・ペリエ ウルトラブリュットは新しい世代のシェフ達にも共感を呼ぶ事でしょう。

ローラン・ペリエの公式ホームページはこちら

オンラインでのローラン・ペリエ ウルトラ ブリュットの購入はこちら