エビアンの生まれ故郷は、フレンチアルプスの大自然

Published on 2014年 6月 12日
  • © Evian

  • © Evian

  • © Evian

  • © Evian

  • © Evian

エビアンの生まれ故郷は、フレンチアルプスの大自然 Evian fr

世界有数の自然保護区・フレンチアルプス。エビアンの水源地は、その標高850メートルに位置する台地にあります。そこに降りそそいだ雪や雨は、氷河期に形成された地層のなかを約15年の歳月をかけてゆっくりと流れ、レマン湖畔にある採水地、エビアンの源泉「カシャの泉」へとたどり着きます。

エビアンの源泉「カシャの泉」。旧市庁舎の裏手にある小さな水汲み場の蛇口からは、絶えずフレンチアルプスで育まれた水が流れ出ています。誰でも自由に水を汲めるため、街の人々が空のボトルを手にこの「カシャの泉」を訪れます。
その昔、ドゥ・レセール伯爵が「カシャの泉」の水を口にしたところ、持病の腎臓結石が癒されたことから「エビアン」は「奇跡の水」として世に知れ渡る事となったと、言い伝えられています。

地中深くを旅して磨かれた水は、厳しく衛生管理されたエビアンの工場で、一瞬たりとも外気に触れることなく採水地で瞬時にボトリング。自然のおいしさとミネラルをそのまま閉じ込めています。

 

Naturally Pure From The French Alps
330mlエッセンスは、フレンチアルプスをスタイリッシュなボトルに詰めてお届けします

フレンチアルプスのピュアな自然を持ち歩くような新感覚のパッケージの330mlエビアンボトル。このボトルは、フレンチアルプスの手つかずの大自然が育んだ「エビアン」の清らかさを表現する透明ラベルを採用。フレンチアルプスのロゴをブルーからシルバーに変更し、ペットボトルはよりスリムで持ちやすく、スタイリッシュなデザインになり、「エビアン」が新しく生まれ変わりました。

 

マリア・シャラポワ×エビアン750mlボトル
一日の様々なシーンにおける水分補給のパートナー

2010年よりエビアン・アンバサダーを務めるマリア・シャラポワさんをビジュアルに用いた新しい3パターンのラベルデザイン(6月30日発売)で、一日の様々なシーンにおける水分補給をサポート。

女子プロテニスプレーヤーとして生涯グランドスラムを達成し、ファッションモデルとしても活躍するシャラポワさんは「私の人生は、新ラベルのテーマとなっている"STYLE""SPORT""WORK"を体現しており、バランスの良いライフスタイルを送ることができるよう努力しています。だからこそ、これらのボトルは本当に"わたしのためのevian"という感じがします。毎日をアクティブに過ごす日本人のみなさんに、いつもevianをそばに置いて飲んで頂きたいです。」とコメントを寄せています。

また、新ラベルの世界観を体験できるスペシャルサイトがオープン!
ボトルで楽しめるARコンテンツやFacebookでのプレゼントキャンペーンもお見逃しなく。 

エビアンの公式ページはこちら

見どころ