スリル満点、標高3千メートル級シャモニーのガラス張り展望台

By Relaxnews | Published on 2014年 1月 14日
  • © J. BOZON

  • © J. BOZON

  • © CMB

  • © J. BOZON

  • © J. BOZON

スリル満点、標高3千メートル級シャモニーのガラス張り展望台 74400 Chamonix fr

フレンチ・アルプスにあるミディ針峰(標高3,842 m)に3年間の研究と工事を経て去年12月に誕生したばかりの全面ガラス張りの展望台。スキーリゾートで有名なシャモニーの谷からも1000mの高さ。オープンと同時に、今年一番のスリルを求める観光客の間で人気をよんでいます!
展望台の名前(le pas dans le vide)は、「空中への一歩」を意味するフランス語。勇気を出してこの36センチの厚さのガラスの上に一歩踏み出すと、素晴らしい山々の景色とともにゾクゾクと全身に鳥肌が。3歳以下のお子様、高所恐怖症や眩暈がする方には向きません。
展望台の周りの寒さに十分耐えうる服装、日焼け止めとサングラス持参でお出かけ下さい。展望台への往復を兼ねて2-3時間が平均の所要時間になります。
*入口の工事の為2014年1/12(日)~1/25(土)までは展望台は閉鎖になります。

このガラスは最大風速220キロ、60度の高温にも耐えられる安全性を兼ね備えています。快適にこのスリルを楽しんでもらえるよう、現在展望台は1回につき4名づつ中に入って頂くシステムになっています。
展望台へのアクセスはシャモニーの中心部にあるスキーリフトで。約20分でミディ針峰まで到着出来ます。
アメリカ合衆国のグランド・キャニオンを見下ろすスカイウォーク、カナダのトロントのCNタワーにも劣らない、スリル満点のフランスの新名所に足を、一歩を、運んでみましょう!

シャモニー観光局公式サイトはこちら

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ