印象派誕生の町ル・アーヴル ノヴォテル・ホテル ル・アーヴル・バッサン・ヴォーバン

Published on 2013年 8月 21日
印象派誕生の町ル・アーヴル ノヴォテル・ホテル ル・アーヴル・バッサン・ヴォーバン 20, rue Lafayette Quai Colbert 76600 Le Havre fr

ル・アーヴルが「印象派」という名称のゆかりの地ということはご存知ですか?モネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、モリゾ、ギヨマン、シスレーらが、1874年にパリで私的に開催した第1回印象派展で発表されたモネの「印象、日の出」を冷笑して、あるジャーナリストが 「印象主義者」という用語を造り出したのがきっかけとなりました。この「印象、日の出」が描かれたのがル・アーヴルの港なのです。

ノヴォテル・ホテル ル・アーヴル バッサン・ヴォーバンは、ユネスコの世界遺産に登録されたル・アーヴルの中心地にあり、国鉄駅と水路バッサン・ヴォーバンに面しています。134のモダンで広々としたゲストルームは空調を完備。現代料理のレストランと、5つのカンファレンスルームがございます。個人やご家族での滞在はもちろん、ビジネスでのご利用にもおすすめです。公共の2つの駐車場、フィットネスルームもご利用いただけます。

お好みの時間にお好きなものをお召し上がり頂けるよう、レストラン、バー、テラス、客室では シンプルで香り高く、健全でバランスのとれたお食事を提供しています。朝食も4種類からお選びいただけます。

ノヴォテル・ホテル ル・アーヴル バッサン・ヴォーバン NOVOTEL LE HAVRE BASSIN VAUBAN
20, rue Lafayette Quai Colbert
76600 Le Havre
Email : H5650@accor.com
Tél. : +33 (0)2 35 19 23 23
Fax : +33 (0)2 35 19 23 25
http://www.novotel.com/gb/hotel-5650-novotel-le-havre-bassin-vauban/index.shtml

見どころ