チョコレートで旅するフランス

Published on 2013年 8月 21日
  • © Mika Ogura

  • © Mika Ogura

  • © Mika Ogura

  • © Mika Ogura

  • © Mika Ogura

チョコレートで旅するフランス

「小椋三嘉のチョコレート・タイム」 “Chocolate Time by Ogura Mika” は、毎回、旬なゲストをお迎えして、ショコラについて語るトークイベントです。
ゲストの話を通して、各自が誇る地元食材や文化に触れることで、まるでフランスを旅しているような気分に浸れることも魅力となっています。昨年秋から動画配信が始まりました。

最新号のゲストは、日本でもお馴染みのフランス料理の巨匠、アラン・デュカス氏。
今年パリ市内にユニークなチョコレートのブランド「ル・ショコラ アラン・デュカス マニュファクチュール・ア・パリ」を立ち上げ話題となっています。ショップ内にカカオ豆からクベルチュール(製菓用チョコレート)、タブレット(板チョコレート)、さらにボンボン・ショコラまでを一貫して手がける工房を併設しているので、原料から製品になるまで職人の手によって出来上がる様子を見ることができます。また今では当たり前のようにショコラに加えられる砂糖を始めとする添加物を最小限に抑えることで、産地の異なる様々なカカオが持つ本来の風味を活かす等、これまで殆ど存在しなかった小規模体制だからこそ可能な職人気質の手法を取り入れているところが見どころです。動画はこちらから。

バックナンバーでは、フランスの地方で活躍するショコラティエ等も登場します。
例えば、南仏プロヴァンスのショコラティエ、ジョエルデュラン。南仏プロヴァンスを一緒に散策しながら、ハーブを始めとする香り高い地元食材を堪能していただけることでしょう。

これからのラインナップには、アトリエ訪問記も加わる予定です。
まずは、アラン・デュカス氏をゲストに招いた最新号からご覧ください。

■ 小椋三嘉 Mika OGURA
フランス食文化・ショコラ研究家。ショコラや食文化に関して執筆や監修や講演をする他、イベントのプロデュースも手がける。87~99年フランス在住。08年フランス観光開発機構・パリ観光会議局のプレス功労賞受賞。フランスを代表するショコラ愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」の会員。著書に『高級ショコラのすべて』(PHP新書)、『チョコレートのソムリエになる』(集英社be文庫)等がある。公式ウェブサイトはこちらから。

Related videos

 
 

Sponsored videos