カーニュのルノワール美術館が待望の新装オープン

Published on 2013年 7月 26日
  • © Atout France Japon

  • © Atout France Japon

  • © Atout France Japon

  • ルノワールの家から見たオー・ド・カーニュの城

    ルノワールの家から見たオー・ド・カーニュの城

    © Atout France Japon

カーニュのルノワール美術館が待望の新装オープン cagnes-sur-Mer fr

カーニュ・シュル・メールの「コレット荘」は、1908年から画家のピエール=オーギュスト・ルノワールが妻と3人の子とともに暮らし、ロダン、ボナール、マティス、モディリアーニも訪れたアトリエです。
ルノワールは1919年に78歳で生涯を閉じるまで夏は妻の生まれ故郷であるシャンパーニュ地方のエッソワで、冬は暖かい南仏のカーニュで暮らし、活動拠点としました。コレット荘では関節リューマチと闘いながら、オリーブの庭を臨むアトリエで風景、肖像、裸婦、彫刻、静物などの製作に取り組みました。

18か月をかけた今回の改装では巨匠が暮らした当時の様子の再現が図られ、2013年7月26日より公開されています。美術館では14点のオリジナルの絵画、使用していた調度品などのほか、リニューアルに伴い17点の石膏彫刻も新たに展示しています。高台のオード・カーニュ地区にあるグリマルディ城と合わせての見学がおすすめです。


ルノワール美術館 Musée Renoir
Chemin des Collettes (centre ville), Cagnes-sur-Mer
TEL : (33) 04 93 20 61 07
6月~9月:10時~13時、14時~18時(庭は10時~18時)
10月~3月:10時~12時、14時~17時
4月、5月:10時~12時、14時~18時
入場料は6ユーロ。オー・ド・カーニュのグリマルディ城(ピカソ美術館)と同日見学の場合は共通割引入場券8ユーロ。
水、土、日曜の14時~18時の間にはガイド見学(所要1時間)も複数設定。

http://www.cagnes-tourisme.com/en/

見どころ

見どころ