地中海を楽しむ。欧州文化首都に沸くマルセイユと楽園イエール

Published on 2013年 7月 23日
  • © OT Hyères イエール

  • © OT Hyères イエール

  • © OT Hyères イエール

  • © OTCM / ADD, HAUER マルセイユ旧港再開発

  • © OTCM / ADD, HAUER ホテル・ディユー

  • © OTCM / ADD, HAUER イフ島クルーズ

地中海を楽しむ。欧州文化首都に沸くマルセイユと楽園イエール fr


2013年欧州文化首都マルセイユとイフ島


南仏プロヴァンスの玄関口、マルセイユに熱い眼差しが注がれています。2600年の歴史を持つ古都はここ数年の再開発で大きく生まれ変わっています。


マルセイユの歴史に触れるなら、まずは旧港から徒歩でパニエ地区Quartier du Panierへ。マルセイユでいちばん古く、ヨーロッパの中でも群を抜く長い歴史を持つ地区です。


5スターの大型ホテルがオープン
2013年4月にパニエ地区にインターコンチネンタル・マルセイユ・ホテル・ディユーがオープンしました。その名の通り、歴史建造物指定の施療院を改装した7フロアー、172室と22のスイートルームからなる五つ星ホテルです。72の部屋からは旧港とノートルダム教会を望むことができ、プライベートテラス付きの部屋が33、ダブルベッドルームは100あります。エグゼクティブルームには広いバスタブとシャワーブースがあります。陽光あふれるマルセイユの歴史を意識した、モダンで温かみのある配色です。


インターコンチネンタル・マルセイユ・ホテル・ディユー InterContinental Marseille - Hotel Dieu
http://www.ihg.com/intercontinental/hotels/gb/en/marseille/mrsha/hoteldetail



未来を先取りする建築物  国立ヨーロッパ地中海文明博物館<ミューセムMUCEM>がオープン
サン・ジャン要塞からは旧港、ファロ宮殿、さらには「ユーロメディテラネ計画」の大型再開発地区が見渡せます。この計画の一環として、国際的名声を誇る建築家が手がけた建物が次々と生まれているほか、新しいクルージング港、国立ヨーロッパ地中海文明博物館、会議場、ホテル、リュック・ベッソン・マルチプレックスシネマなどが整備されています。


注目は旧港の入り口に建つ国立ヨーロッパ地中海文明博物館。6月7日にオープンしました。サン・ジャン要塞と、リュディ・リティオッチ設計の<J4>と呼ぶ建物からなり、4万㎡の展示スペースを持つ民俗学博物館です。マルセイユ観光の起爆剤となりそうです。
パノラマテラスを持つ270席のレストランは、企業イベントにも利用することができます。朝食+プライベート見学、夕陽を見ながらのガラ・ディナーはいかがでしょうか。そのほかにも320席のオーディトリアムと、250人の着席ディナーができるフォーラム(600㎡)などの多目的スペースがあります。博物館が定休の火曜日と、閉館後の夜間がイベント利用の開放日です。


国立ヨーロッパ地中海文明博物館 <ミューセムMUCEM>
火曜定休
http://www.mucem.org/en/home-page



イフ島ミニクルーズ


旧港の背後の丘の上に建つノートル・ダム・ド・ラ・ギャルド大聖堂からは、浜や沖合の島々、丘陵が見渡せます。ユネスコの世界遺産候補になっているマルセイユの停泊地には『モンテ・クリスト伯』の物語で有名なイフ島やフリウル島などがあります。


イフ島へは定期観光船が毎日発着しています。10人以上のグループは事前にファックスで予約が必要。イフ島へは20分、フリウル島へは30分の航海です(10.1ユーロ~)。イフ島は国の文化財に指定されていて、見学には5ユーロかかります。月曜日はお休みです。


イフ・フリウル エクスプレス IF FRIOUL EXPRESS
Quai des Belges - 13001 Marseille
Tel: + 33 (0)4 91 46 54 65  Fax : + 33 (0)4 42 82 33 48
http://www.frioul-if-express.com/


プロヴァンス最南端 南国の楽園イエール

既に紀元前4世紀にはギリシャとの交易都市だったイエールはトゥーロンの東15㎞にあるシュロの木が生い茂る南国です。11世紀の旧市街と高台の城塞からの見晴らしが印象的です。19世紀には避寒地として注目され、王侯貴族が多数訪れて発展しました。豪華なたたずまいの広場やグランドホテルなどが目を引きます。


ポルクロール島、ポール・クロ島、ル・ルヴォン島からなる黄金のポルクロール諸島。透明度の高いエメラルドグリーンの海にそびえる断崖と砂の細かなビーチ、松やユーカリの群生、ブドウ畑や果樹園など地中海のバカンスのイメージそのもの。ポルクロール島と長さ6㎞のジアン半島は大陸と二つのトンボロで結ばれた珍しい地形です。二本の腕の様に伸びたトンボロの間は塩田で、海を越えて渡り鳥も多数飛来する保護地区になっています。塩田地帯などに飛来・定住する鳥類は200種類と、鳥たちにとっても楽園のようです。


ヨット、モーターボート、遊覧船による各種クルーズ、マリンスポーツと自然散策、公開されているオルビア遺跡、異国情緒あふれる庭園、現代のアーティストが集まるヴィラ・ノワイユ地区など見どころや楽しみは豊富です。


イエール観光局 日本語公式サイト
http://hyeres.jimdo.com/

見どころ

見どころ