火山が生んだ見事な風景を望むハイキング~オーヴェルニュ地方~

Published on 2013年 4月 11日
  • © Atout France/R−Cast

  • © Atout France/Franck Charel

  • © Atout France/R−Cast

  • © Atout France/R−Cast

火山が生んだ見事な風景を望むハイキング~オーヴェルニュ地方~

フランス中央部に位置するオーヴェルニュ地方は、豊かな森林、緑あふれる草原、その中を流れる渓流など、フランスの自然美を堪能できる地方です。

3000万年前の火山活動により形成された特別な地層にあるオーヴェルニュの火山は私たちを天地の開闢へと誘います。オーヴェルニュ地方には約80の山脈や旧火山があり、肥沃な土地に湖や牧草地帯などの雄大な景色が広がっています。大自然を舞台としたアクティビティーのメッカとしても有名で、特にハイキングコースは豊富です。

オーヴェルニュ地方はご存知ミネラルウォーターのヴォルヴィックの産地でもあり、CMでもおなじみの美しい緑の火山帯を見渡すハイキングコースを2コースご紹介します。

1. ピュイ・ド・ドーム一周  Le tour du puy de Dôme
「ピュイ」とは、この地方の言葉で「山」を意味します。シェヌ・デ・ピュイ火山群にある最高鋒(1465m)の山が、ピュイ・ド・ドームです。この山は、火山の噴火によってできた円錐状の丘のうえに築かれた旧市街、オーヴェルニュ地方の中心都市クレルモン・フェランの西約9kmのところに位置しており、頂上から市街地を一望できます。このピュイ・ド・ドームは、火山群のほぼ中ほどにあるので、頂上に登れば四方に火山群のなだらかな山容、断崖層の連なりが続くすばらしい火山群の全景を見ることができます。


所用時間: 3時間/距離: 9.4km/高低差 387m/初級者レベル
出発地: クレルモン・フェランの西18km、セサ(Ceyssat)からスタート。時計周りにピュイ・ド・ドームをぐると一周する。


アイテナリーマップ(フランス語)はこちら をクリック
●青色の道が、ピュイ・ド・ドーム一周アイテナリー


●頂上へ行く場合
スタート地点から3/4行ったところにあるMaison de Siteからピュイ・ド・ドームの頂上まで15分行くアプト式電車があります。
または、
一周し、スタート地点に戻ってから、Chemin des Muetiers(少し急なジグザグした道)を歩いて登る。標高差350m、約45時間。


ピュイ・ド・ドームの電車、グループ予約専用お問い合わせ
Tel : 04 73 87 43 05
E-mail: resa@panoramiquedesdomes.fr


もう少しハードな火山帯を楽しみたい方は、南へ下りル・モンドール(Le Mont-Dore)火山の最高峰、ピュイ・ド・サンシー(1886m)へ。


2. ピュイ・ド・サンシー Les crêtes ouest du Sancy
ピュイ・ド・サンシーとル・モンドールは、オーヴェルニュ地方のハイキングの要所です。GR(長距離)とPR(遊歩道)で表示されたハイキング道が多くあります。拠点となるル・モンドールはカルデラ(火山の活動によってできた大きな凹地のこと)の谷底に作られた村です。温泉地として古い歴史を持ち、そのなごりは、歴史建造物にも指定されている見事な温泉施設の建物にも見て取ることができます。ル・モンドール火山は、400万年ほど前からマグマが上昇して地表に噴火し、冷えて固まった板のような突起が続く壮大な岩脈の景色が見られます。


所用時間: 3時間45分/高低差 120m/中級レベル
出発地: クレルモン・フェランの南西約48kmのル・モンドール(Mont-Dore)からスタート。


ル・モンドールからピュイ・ド・サンシーへ上るロープウェイ乗り場を目指します。ロープウェイで頂上のすぐ下まで行きます。頂上へは、木製の階段(高低差約100m)を登ります。360度に広がる火山帯の素晴らしい景色を楽しむことができます。尾根伝いに、ル・カプサン(Le Capucin)まで行き、登山電車で下山すれば、ル・モンドールに到着します。


アイテナリーマップ(フランス語)はこちら をクリック


ロープウェイ登山電車の組み合わせチケットはル・モンドール観光局で購入することができます。

■オーヴェルニュ地方観光局
http://www.auvergne-tourism.com/home-page-1-2.html

Related videos

 
 

Sponsored videos