サン・テミリオン地域

Published on 2013年 1月 18日
  • サン・テミリオン

    サン・テミリオン

    © Miho Kiyama

  • サン・テミリオン周辺のブドウ畑

    サン・テミリオン周辺のブドウ畑

    © Miho Kiyama

  • サン・テミリオンはくねくねした小道を散策するのが楽しい

    サン・テミリオンはくねくねした小道を散策するのが楽しい

    © Miho Kiyama

サン・テミリオン地域 Saint-Émilion fr

1999年、ユネスコ世界遺産に初めてワイン産地が登録されました。サン・テミリオン地域です。

サン・テミリオンはボルドーから東に約40キロほど行った町ですが、世界遺産に登録されたのは、サン・テミリオンおよび、サン・テミリオンのアペラシオンを冠することが許されている周辺の8つの村。シュヴァル・ブランやオーゾンヌ、フィジャック、オー・サルプ、フォンプレガード、ヴィルモーリーヌなどは、今や世界に名を知られるサン・テミリオンの格付けの頂点に立つワイン名。サン・テミリオンに残る中世の町並みと代表的な歴史的建造物、周辺の村々やブドウ畑全体が「ジュリディクシオン*・ド・サン・テミリオン」という名でユネスコ世界遺産に登録されました。


サン・テミリオンを含むアキテーヌ地方でワインが作られるようになったのは、ローマ人によってこの肥沃な土地にワイン作りを導入されて以来のこと。中世においてその生産は飛躍的に伸びました。サン・テミリオンは、サンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼街道沿いにあるという恵まれた地理的条件を備えていたため、11世紀より数多くの教会、修道院、施療院が建てられました。12世紀のイングランド支配下においては、「ジュリディクション」と呼ばれる裁判権や管轄権もつ特権的な地位を授けられています。



サン・テミリオン


中世そのままに残るサン・テミリオン。くねくねと石畳みの道続き、その両側にはワインセラー、工芸アトリエ、民芸店、ワインスクール、ローカルな高級食材を扱う食品店、そして感じのよいレストランやカフェのテラスが軒を連ね、散策するだけで楽しくなる町ですが、巨大な石灰岩を切り出した中に造られたモノリス(一枚岩)教会、トリニテ礼拝堂、サン・テミリオン修道院、地下墓地カタコンブなど見どころも多い町です。周辺のブドウ畑へのエクスカーションへの拠点とするのにも最適。

見どころ

見どころ