ローヌワインを巡る旅

Published on 2013年 1月 16日
  • イメージ

    イメージ

    © Atout France/Joël Damase

  • Orange

    Orange

    © Atout France/R−Cast

  • Châteauneuf du Pape

    Châteauneuf du Pape

    © Atout France/R−Cast

  • © Atout France/PHOVOIR

ローヌワインを巡る旅 vienne fr

ローヌ河沿いに南北に広がるコート・デュ・ローヌ地区はその気候や土地の条件、栽培品種や醸造法の違いから北部と南部に分けられます。ヴィエンヌからヴァランスにかけての北部地区ではシラーやヴィオニエなど単一品種での栽培が主流。様々な土壌と微気候でAOCも細かく分かれ、エルミタージュの赤・白、コート・ロティやコルナスの赤、シャトー・グリエやコンドリユの白などがよく知られています。いっぽうアヴィニヨンの東、デュランス川北側に広がる南部地区では古代より多数の品種が栽培されています。代表的なAOCはシャトーヌフ・デュ・パップ。ヴィエンヌからアヴィニヨンまで、ローヌワインを楽しむドライブに出かけましょう。(※距離と所要時間はミニバス想定での概算)


DAY 1 ヴィエンヌ~オートリーヴ~ヴァランス (95㎞、1時間45分)


■ヴィエンヌ VIENNE
オーギュストとリヴィーの神殿、古代劇場など2500年の歴史の証左が町の中心にあり驚きます。史跡や指定文化財に満ちた芸術歴史都市。サン・モーリス大聖堂の59の柱頭彫刻を施したロマネスク様式の張間と15世紀末の西のポルタイユが中世の息吹を伝えています。
ヴィエンヌ観光局 Office de Tourisme de Vienne et du Pays Viennois
2 Cours Brillier, CS 700, 38217 Vienne
Tél : +33 (0) 4 74 53 80 30     Fax : +33 (0) 4 74 53 80 31
Web : www.vienne-tourisme.com


◇ヴィエンヌのおすすめレストラン 現代フランス料理の原点「ラ・ピラミッド」
レストラン「ラ・ピラミッド」はフェルナン・ポワンが築いた名店。重鎮シェフたちがこぞって修行をした店として客足が絶えません。伝説の料理人は通りにその名を残しています。ラ・ピラミッド La Pyramide
14 boulevard Fernand Point, 38200 Vienne
Tél : +33 (0) 4 74 53 81 94     Fax : +33 (0) 4 74 85 69 73
Web: http://www.lapyramide.com/
水曜定休


■オートリーヴのシュヴァルの理想宮 Hauterives
ヴィエンヌとヴァランスの間にあるちょっと変わった立ち寄りスポット。村の郵便配達夫シュヴァルが33年の半生をかけ、自ら運んだ小石を積んで作り上げた独創の理想宮。文化遺産指定。
シュヴァルの理想宮 Palais Idéal du Facteur Cheval
8, rue du Palais, 26390 HAUTERIVES
Tél : +33 (0) 4 75 68 81 19 Fax : +33 (0) 4 75 68 88 15
Mail : contact@facteurcheval.com Web: www.facteurcheval.com/
大人 5.80 ユーロ
オーディオガイド : 2.00 € ※4月~9月の繁忙期は1時間ごとに20分の無料解説あり
12/25, 1/1, 1/15-31は定休。季節により9:30~16:30ないし19:00。


■ヴァランス VALENCE
日に50本のTGVが発着するプロヴァンスの玄関。日差しは高く、ラヴェンダーやオリーヴの畑が広がり、蝉の声も聞こえます。近隣にはコルナスCornas、サン・ペレSaint-Pérey、エルミタージュHermitageのAOC産地があります。


◇老舗レストラン「ピック」の女性三ツ星シェフ
曾祖母から4代、120年に渡る名声を築いたホテル・レストランの当主は現在フランスで唯一の女性三ツ星シェフ、アンヌ=ソフィー・ピックです。
メゾン・ピック MAISON PIC
285 avenue Victor Hugo, 26000 Valence
Tél : +33 (0) 4 75 44 15 32  Fax : +33 (0) 4 75 40 96 03
Web: www.pic-valence.fr/



DAY 2 ヴァランス~タン・レルミタージュ~オランジュ(100㎞、1時間10分)


■タン・レルミタージュ Tain l’Hermitage
エルミタージュは「隠者の庵」。ヴァランスの北15㎞にあるタンでは13世紀の十字軍騎士にちなみます。急な丘の斜面は機械の導入が難しく手入れは今ももっぱら人力。ポール・ジャブレ・エネ社の主力「ラ・シャペル」は丘に立つ騎士ゆかりの礼拝堂を名乗っています。
◇ブティック&ワインバー「ヴィヌム」VINEUM - Paul Jaboulet Aîné
Place du Taurobole, 26600 Tain l'Hermitage
Tél: +33 (0) 4 75 09 26 20
Web: http://www.jaboulet.com
無休。月曜14:00-19:00、火曜~日曜10:00-19:00


■オランジュ ORANGE
素晴らしい保存状態の古代ローマ遺跡で世界遺産登録されています。観光ホテル19軒、レストラン47店。人口は3万人です。
◇古代劇場 Théâtre Antique  建造は紀元前1世紀。第一級の保存状態を誇る現役の劇場。19世紀に大修復。
◇凱旋門 Arc de triomphe  紀元前1世紀、陸海に覇権を握ったローマ軍を称え、威光を誇示するモニュメントです。2009年に修復再公開。

オランジュ観光局 Office de Tourisme

5 cours Aristide Briand, 84100 ORANGE
Tél : +33 (0) 4 90 34 70 88     Fax +33 (0) 4 90 34 99 62
Email : contact@otorange.fr Web : www.otorange.fr



DAY 3 オランジュ~クルテゾン~シャトーヌフ・デュ・パップ~アヴィニョン(40㎞、50分)


■クルテゾンのシャトー・ド・ボーカステル
オランジュから南へ7キロ、シャトー・ド・ボーカステルは最高峰のワインの一つ。繊細さやバランス、熟成能力に定評があります。大地や動物、星などの影響を考慮した有機農法で多くの病害が根絶された結果、ボーカステルには鳥や昆虫が多数見られます。
シャトー・ド・ボーカステル Château de Beaucastel
Chemin de Beaucastel, 84350 Courthézon France
Tél: +33 (0)4 90 70 41 00     Fax: +33 (0) 4 90 70 41 19
Email: familleperrin@beaucastel.com  Web : www.beaucastel.com
見学は事前に予約が必要。


■シャトーヌフ・デュ・パップ
町の名は「教皇の新しい城」。アヴィニョンに教皇が立つとワインの名声も高まりました。力強いワインの源は畑の大きな丸石が蓄えた太陽の熱。博物館併設のセラーは自由入場で個人客の試飲は無料です。団体は要予約。
ワイン博物館 Musée du Vin - Maison Brotte   
Avenue Pierre de Luxembourg, 84230 CHATEAUNEUF DU PAPE
Tél : +33 (0) 4 90 83 70 07  Fax : +33 (0) 4 90 83 74 34
Email : caveau@brotte.com Site web : http://www.brotte.com/le-musee
無休。夏期は9:00-13:00と14:00-19:00、冬期は9:00-12:00と14:00-18:00。


◇「パリ~ニース2013」がシャトーヌフ・デュ・パップを巡回
「太陽のレース」とも言われる第71回サイクルロードレースで3月8日にプロトンがシャトーヌフ・デュ・パップを出発。夏のツール・ド・フランス100回記念大会への前哨戦でアルプスへ向かうエタップです。


◇夏のブドウ畑で音楽散歩 Floraison musicales
2013年7月の土曜日(日程未定)の夕暮れの散歩はいかが?クラシックやワールドミュージックが奏でられる中、シャトーヌフ・デュ・パップのブドウ畑を巡ります。順路のドメインには食べ物とワインとヴィニュロンが待っていますよ。
フロレゾン・ミュジカルFloraison musicales
Tél : +33 (0) 4 90 30 36 00
Site web : www.chateauneuf.com     Site web : www.floraisonsmusicales.com


■アヴィニヨン AVIGNON
14世紀にフランス出身の教皇が連続して立ち教皇庁が置かれました。ゴチック様式最大の教皇宮殿や城壁で囲まれた街並みはさすが世界遺産の風格。サン・ベネゼ橋はリヨン以南でローヌ河にかかっていた唯一の橋。全長900メートルの大橋は流失と再建を繰り返し、17世紀に現在の形に。TGVでパリへ2時間40分、マルセイユへ30分。プロヴァンスの人気観光地への拠点です。アヴィニヨン・パスは各所で50%までの入場割引特典があり便利。日本語オーディオガイドあり。
 
◇教皇宮殿 Palais des Papes
Place du Palais des Papes, 84000 AVIGNON
Tél : +33 (0) 4 32 74 32 74     Fax : +33 (0) 4 90 27 50 88
mail : officetourisme@avignon-tourisme.com     Web : www.palais-des-papes.com
通年で毎日見学可能。最終入場は閉門の1時間前。
9/1 – 11/1  9:00-19:00、11/2 – 2/29 9:30-17:45、3/1 – 3/31 9:00-18:30
4/1 – 6/30  9:00-19:00、7/1 – 7/31 9:00-20:00、8/1 – 8/31 9:00-20:30


◇アヴィニヨンの橋(サン・ベネゼ橋) Pont Saint Bénezet
通年で毎日見学可能。最終入場は閉門の30分前。大人4.5ユーロ
9/1 – 11/1  9:00-19:00、11/2 – 2/29 9:30-17:45、3/1 – 3/31 9:00-18:30
4/1 – 6/30  9:00-19:00、7/1 – 7/31 9:00-20:00、8/1 – 8/31 9:00-20:30

◇厳選ワインのテイスティングを教皇宮殿で
かつての武器庫がテイスティングルームに変身。業者の目隠しテストで厳選されたコート・デュ・ローヌの逸品55本が試飲でき、蔵元直販価格で購入できます。解説付きの試飲で地元ワインの華やかさを体感します。


◇ブテイユリ・デュ・パレ・デ・パップ Bouteillerie du Palais des Papes
Tél : +33 (0) 4 90 27 50 85
mail : e.sigmanne@avignon-tourisme.com     Web : www.avignon-bouteillerie.com
通年営業。教皇宮殿メインエントランスのブティックから自由入場。


 
現地発のお勧めツアー


◇ヴィエンヌのB&B滞在コース Vienne in B&B(1泊2日 370ユーロ) 
北部ローヌの代表産地をB&Bに泊って自転車と徒歩で巡るツアー。自転車と必要装備がレンタルされ、宿泊や食事は選べます。スーツケースは陸送、初心者でも気軽に参加できます。
1日目:歴史地区を歩きレストランで昼食。午後はコンドリユで蔵元見学と試飲。近郊の広大な農場B&Bでホストとともに自家製の夕食。または希望により市内のレストランで夕食。
2日目:ワイン産地へ。地域最古の地区コート・ロティ、特別で産量も少ないコンドリユ、類まれなシャトー・グリエ、サン・ジョゼフ、クローズ・エルミタージュ、エルミタージュ、コルナス、サン・ペレなど。蔵元見学と試飲。昼食はレストランで郷土の品々を。午後に解散。

プロムナード・アン・フランス Promenades en France
14, rue Poterne, 21200 BEAUNE
Tél : +33 (0) 3 80 26 22 12     Fax : +33 (0) 3 80 26 22 13
Mail : beaune@francewinetouring.com     Web: www.francewinetouring.com

見どころ

見どころ