湖から湖へ。アルプスを越えて

Published on 2012年 12月 17日
  • アヌシー湖

    アヌシー湖

    © ATOUT FRANCE JAPON

  • シャモニーから望むモンブラン

    シャモニーから望むモンブラン

    © ATOUT FRANCE JAPON

  • アラヴィ峠の小さな村

    アラヴィ峠の小さな村

    © ATOUT FRANCE JAPON

  • アヌシー旧市街

    アヌシー旧市街

    © ATOUT FRANCE JAPON

  • アムール橋

    アムール橋

    © ATOUT FRANCE JAPON

湖から湖へ。アルプスを越えて 74 fr

レマン湖畔の真珠を呼ばれるエヴィアンをスタートし、アラヴィ山脈を越え、ヨーロッパでいちばんの透明度を誇るアヌシー湖へ抜けるモデルコース(1日)をご紹介。のどかな牧草地、味わいある小さな村、アラヴィ峠から目の前にそびえたつモンブラン、サヴォワの山岳地帯の魅力を満喫することができます。

【午前】
アラヴィ山塊を目指します。
エヴィアン(Evian)~ル・グラン・ボルナン(Le Grand Bornand) 約90km。所要時間約2時間。
深い森林の中の道を行き、クルーザ(Cluses)経由にてル・グラン・ボルナンへ。

ル・グラン・ボルナンからアラヴィ峠を南へ行くと、標高2500m級の険しい山々が目の前に迫ります。この地方は、現在はスキーリゾートとして発展していますが、20世紀の中ごろまでは、牧畜のほかはさしたく産業もない、貧しい村ばかりでした。ル・グラン・ボルナンもそんな村のひとつ。かつての質素な暮らしをしのばせる農家が博物館として保存されています。

ル・グラン・ボルナン郷土博物館見学
1830年建造の木造農家をそのまま保存した博物館。1階は牛、馬、羊などの家畜小屋。2階は3世代の家族がひしめき合う住居兼チーズ作りの仕事場、3階は干し草倉庫というサヴォワ地方の典型的な農家。内部には長く厳しい冬を過ごすたくさんの生活の知恵をうかがい知ることができます。ガイド付き見学は要予約。
Masion du Patrimoine
64450 Le Grand-Bornand
Tel: 04 50 02 79 18

サヴォワ地方の絵のようにんのどかな山の風景を楽しみながらアラヴィ峠を行きます。
ル・グラン・ボルナン(Le Grand-Bornand)~ラ・クリューザ(La Clusaz) 約6km。所要時間約10分。

ラ・クリューザ到着後、昼食

【昼食】 おすすめのレストラン
Les Rhododendrons レ・ロドダンドロン
Col des Aravis La Clusaz
Tel /Fax : 04 50 02 41 50
アラヴィ峠にある山小屋風レストラン。モンブランが真正面に見えるテラスでラクレットなどのサヴォワ料理を。予算20~30ユーロ。

ラ・クリューザは、冬は55基のリフト、全長132kmのスキーリゾートとして知られていますが、夏はハイキング、乗馬、パラグライダー、マウンテンバイクなどのスポーツアクティビティーが充実して、人気の避暑地です。目の前にそびえたつモンブランの雄姿に感動した後は、昔ながらのルブロションチーズの農家見学と試食。

【午後】
ルブロションチーズは14世紀に誕生した伝統的なチーズで、マイルドな味わいで人気があります。A.O.C.(原産地統制呼称法)が適用されているので、この地で造ったものしかルブロションを名乗れません。見学可能なチーズ農家の予約はラ・クリューザにて。
Office de Tourisme La Clusaz - Haute-Savoie
161, place de l'église - BP 7 - 74220 LA CLUSAZ
Tel: 04 50 32 65 00 - Fax 04 50 32 65 01
http://www.laclusaz.com

ラ・クリューザ~トーヌ(Thônes)へ。約12km。所要時間約20分。

トーヌは、アラヴィ山塊の玄関口にある牧歌的なかわいらしい谷間の村です。アヌシーまでは約20kmの場所にあります。自然を楽しむことができる観光地で、40年以上に渡り緑の観光地(Station Verte)として、夏には600ものハイキングルートが整備されています。また、ルブロションチーズはこのトーヌで生まれました。小さな村ながら、エコミュゼや郷土資料館、ロック・クライミング場があり楽しみが多くあります。チーズ、サラミなどサヴォワ地方の特産品が所狭しと並ぶ土曜日の朝市がおすすめです。

トーヌ~アヌシー(Annecy)へ。約20km。所要時間約30分。

アヌシー
アルプ地方の山岳風景に囲まれた風光明媚なアヌシー湖畔に開けた町です。アヌシー湖は、ヨーロッパでもっとも透明度の高い湖として知られる湖です。その北側にある町アヌシーは運河に彩られた水辺の風景の美しさに「アルプスのベニス」の異名をとります。小さいながらも充実した一日を過ごすことが可能な町で、運河沿いのオープンテラスのレストランでランチをとるのも非常に気持ちが良い。そのあと旧市街を散策したり、アヌシー湖でクルーズを楽しんだり、夜はカジノで遊ぶこともできます。アヌシー湖から引いたティウー運河沿いの旧市街には旧牢獄パレ・ド・リルをはじめ、12世紀から17世紀に建てられた古い街並みが広がります。

主なみどころ
■アヌシー城 CHATEAU D'ANNECY
丘の上のアヌシー城はジュネーヴ伯が建てたもので、現在内部は歴史、自然、建築、芸術などを幅広く扱う博物館として一般公開されています。庭園からは旧市街の街並が一望できます。
http://musees.agglo-annecy.fr/
■パレ・ド・リル PALAIS DE L'ISLE
川の中州に建つ要塞のような石づくりの建物。牢獄や裁判所、城の事務部門として使われてきた歴史があり、現在は歴史博物館になっています。
http://musees.agglo-annecy.fr/
■アムール橋 PONT DES AMOURS
アヌシー湖畔にあるパギエ公園とヨーロッパ公園を結ぶ橋。「恋人たちの橋」の名前に因んで、ここで記念写真を撮るカップルの姿が絶えません。この一角からは湖を巡る遊覧船も出ています。

【アヌシー泊】
おすすめのホテル
L’Impérial Palace*****  ランペリアル・パラス
Allée de l’Impérial – Annecy
Tel : 04 50 09 30 00
www.hotel-imperial-palace.com
アヌシー湖畔に佇む、アヌシー随一のデラックスホテル。カジノやコンファレンスセンターなどの施設も充実。夏には敷地内でクラッシック音楽のフェスティバルも行われます。

おすすめのホテル
Splendid Hôtel**** スプレンディット・ホテル
 4, Quai Eustache Chappuis - 74000 Annecy
Tel: 04 50 45 20 00  -  Fax :04 50 45 52 23
www.splendidhotel.fr
アヌシー湖畔の緑が美しい公園に面しており、旧市街へも歩いてすぐ出られます。

見どころ

見どころ