キッズファッションショップ

Published on 2012年 10月 01日
  • © Paris Tourism office Photo Amelie Dupont

  • © Paris Tourism office Photo Amelie Dupont

キッズファッションショップ

ベビー・ディオール Baby Dior
外せない人気のアイテムは、ジャック・ラッセル・テリアのぬいぐるみ。ディオールのデザイナー、ジョン・ガリアーノの飼い犬をモデルに作られました。

ボンポワン Bonpoint
素材のよさに定評があるボンポワンの服。これを着ればどんないたずらっ子でも、ちょっとばかり“お行儀のいいおしゃれさん”に変身できそうです。

クーデマイユ Coudemail
クーデマイユは1964年にジョルジュ・クーデが立ち上げたブランドです。ニットに魅了された彼は、ブルターニュ地方ヴィトレ周辺の特産品で、かつてはハンドメイドされていたメリヤス製品を世に広めたいと考えました。現在、0~10歳の子供服を扱っています。

デュ・パレイユ・オ・メム Du Pareil au Meme (ディーパムDPAM)
かわいらしいコレクションを提案する子供服専門店。1986年にオープンしたディーパムのブティックでは、小さな子供を対象にしたバリエーション豊かな服や小物を扱っています。

ジャカディ Jacadi
1976年に誕生したジャカディは、フランスにおいてもっとも確かな地位と名声を築いた子供向けプレタポルテのブランドに数えられています。

オカイディ Okaidi 
0歳~14歳の子供を対象としたプレタポルテ(男の子と女の子のコレクション)を展開しています。

プチバトー Petit Bateau
大人も身につけるようになった初めての子供服のブランドです。あの有名な“プチ・キュロット(小さなショーツ)”が売り出された1918年以来、商品ラインナップが徐々に拡大。現在では新生児のロンパースからママ用のシックなジャケットまで幅広く提案しています。

タルティーヌ・エ・ショコラ Tartine et Chocolat
その昔、ツートンカラーの縞模様がトレードマークだったタルティーヌ・エ・ショコラ。現在は子供服の高級ブランドとして、“美しく、シックで、永遠に新しい”商品を提案しようと、服、育児グッズ、ぬいぐるみなどのコレクションを展開しています。


ゼッド Z
だれでも気軽に買える子供服のブランド。つねに変化しつづけるスタイル、充実の商品ラインナップ、確かなクオリティなどが魅力です。