パリで楽しめる香水ツアー

Published on 2012年 9月 28日
パリで楽しめる香水ツアー paris fr

パリでは「香水」をテーマにした市内ツアーも実施されており、ショッピングだけに限らない香水の世界の奥深さを楽しむことができます。

デトゥール・デ・サンス Detour des sens

シルヴィ・ドーマンの解説付きでパリの有名な香水専門店を廻るツアー、所要時間3時間、料金45ユーロ。またはジャン=ピエール・ヴィガトJean-Pierre Vigatoの洗練された創作フレンチで有名な「ラピシウスl'Apicius」のランチ込の一日コースもあります。

サンキエーム・サンスCinquieme sens

数々の有名な香水メーカーで超香師として実績を残したイザベル・フェランとその仲間が今から20年前に設立した香水メーカー「サンキエーム・サンス」。世界でも稀な香水の専門学校も経営しており、日本にも分校があります。今日ではパリの北方コンピエーニュ市に本拠地を構えていますが、パリとニューヨークにアトリエがあり、パリでは一般客を対象に「調香師が奏でるオルガン」題した香水と原材料から香りの真髄に迫る基礎講座を開催しています(所要時間3時間)、他にも自分でオリジナル香水を作れるアトリエも開催しています。

ゲラン社Guerlain

ゲラン社は創立180周年を迎える1828年創業のパリの香水メーカー。創業以来頑なに信念を守り続け、香水やコスメブランドの範疇をこえて、もはやフランスの文化遺産の一部にもなっているフランスらしい老舗です。他メーカーとは一画をなし、特に香水の分野では先駆け的存在で、今日だれもがその名を知るところとなった「シャレード」や「パリュール」「サムサラ」「シャリマー」「アンスタン」など5世代にわたって発表された香水の数は総数にしてなんと600以上、そのチャレンジ精神は衰えることなく今日も世界的にフレグランス界をリードしています!

創始者ピエール=フランソワ=ポール・ゲランはイギリスで医学と化学を学んだ調香師で、この伝統は代々引き継がれ数々の名香を生み出しました。ゲラン社の香水を他のメーカーとは一画をなすものにしているのはその香水瓶にもあるでしょう。「香水は香りだけではなく見た目にも愉しめるものではなくてはならない」とバカラ社に制作を依頼し非常に洗練された造りの瓶で世界中の女性を魅了してきました。今日でも国際的に有名なガラス会社や、またゲラン社の香水を愛してやまない現代作家に瓶のデザインを依頼しています。
月に1回、シャンゼリゼにあるゲランブティックでは一般の人を対象に「一日体験コース」も開催しています。料金は昼食込みで180ユーロ、参加定員数は10名までです。香水の世界の真髄に触れられるともに、何よりも嬉しいのが世界に一つだけの自分のオリジナル香水を老舗ゲランで作れること!

見どころ

見どころ