東横INNマルセイユ サン シャルル駅前 2018年5月18日(金)グランドオープン

Published on 2018年 5月 14日
  • 東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前 (8 階建・267 室) - © Toyoko Inn

    東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前 (8 階建・267 室) - © Toyoko Inn

  • 東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前のシングルルーム

    東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前のシングルルーム

  • 東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前

    東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前

  • マルセイユの旧港 - © All rights reserved

    マルセイユの旧港 - © All rights reserved

  • マルセイユとカシスの間、長さ20キロ、幅4キロにわたって続く海岸線カランク。 - © All rights reserved

    マルセイユとカシスの間、長さ20キロ、幅4キロにわたって続く海岸線カランク。 - © All rights reserved

東横INNマルセイユ サン シャルル駅前 2018年5月18日(金)グランドオープン 25, Avenue Général Leclerc 13003 Marseille fr

「清潔・安心・値ごろ感」、そんなキーワードの日本のホテルと言えば、東横INN!

宿泊特化型ホテルとしておなじみの東横INNは国内外に273ホテル、総客室数56,788室(2018 年 4 月末日時点)と日本国内最大級の客室数を持つホテルチェーンです。その東横INNがフランス初出店となる「東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前」を、2018年5月18日にオープンすることになりました。ヨーロッパではドイツに次いで 2 店目です。


「東横 INN マルセイユ サン シャルル駅前」は、マルセイユの主要駅であり、高速鉄道 TGV が乗り入れるマルセイユ サン シャルル駅から徒歩 5 分と好立地です。客室はシングル(45室)、コンフォートシングル(159室)、キングダブル(35室)、エコノミーツイン(21室)ほか、障がいのある方や高齢の方も使いやすいよう工夫を施した「ハートフルルーム」(7室)を用意し、安全面にも配慮しています。日本国内の“東横INNクオリティ”をそのままに、フランスの同ランクホテルにはほとんど見られない全室バスタブ、シャワートイレ、個別エアコン付き。全客室とロビーで無料Wi-Fi対応、無料朝食サービスもあり、コストパフォーマンスの高い日本のビジネスホテルに慣れ親しんだ旅行者、見知らぬ土地で安心して宿泊したい旅行者にぴったりです。また、女性の感性を活かしたホテル運営で、旅行者がおもわずほっとできる空間を提供しています。 


◆住所:25, Avenue Général Leclerc 13003 Marseille

◆アクセス:マルセイユ・プロヴァンス空港から「マルセイユ サン シャルル駅」まで約25分(エアポートシャトルバス)

 「マルセイユ サン シャルル駅」から徒歩5分

◆詳細・ご予約はこちら https://www.toyoko-inn.com/search/detail/00272

 

 

マルセイユってどんな町?

紀元前600年にギリシアのフォカイア人が築いた植民都市「マッシリア」にはじまるフランス最古の都市。天然の良港に恵まれるマルセイユは貿易の中心地として発展し、現在も商都として繁栄する地中海の陽の光のまばゆい街です。 現在のマルセイユには、26 世紀にわたる町の歴史を物語る貴重な遺産があり、例えば、マルセイユの人々が町の守護聖人とみなしている聖母マリアに捧げられたノートル・ダム・ド・ラ・ガルド・バジリカ聖堂、アレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』で有名になったイフ城、ナポレオン三世がウージェニー皇后に贈ったファロ宮殿、ル・コルビュジエが設計したシテ・ラディユーズ、名門サッカー・チームのオリンピック・マルセイユの本拠地として有名なスタド・ヴェロドローム、ユネスコの世界遺産への登録候補となっているマルセイユの停錨地などが挙げられます。 旧港は北側のサン・ジャン要塞と南側のサン・ニコラ要塞でその入口を護られています。12世紀にはジェノヴァやピサと地中海の覇権争いを繰り広げました。魚市がたつベルジュ河岸からはマルセイユ随一の繁華街カヌビエール通りがのびています。 マルセイユのもう一つの見どころである海岸沿いの入江地帯カランクは、町の中心からすぐ近くにある国立公園。船で沖合い15分のところにあるイフ城は要塞として建造されました。17世紀からは監獄として利用され、小説家アレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』の舞台ともなりました。 

見どころ

見どころ