シャンパーニュ地方の都市トロワ

Published on 2018年 1月 17日
  • © Amandine Foutrier - Troyes Champagne Tourisme

    © Amandine Foutrier - Troyes Champagne Tourisme

  • © D. Le Nテゥvテゥ - Troyes Champagne Tourisme

    © D. Le Nテゥvテゥ - Troyes Champagne Tourisme

  • © Laurent Lempens Troyes Champagne Tourisme

    © Laurent Lempens Troyes Champagne Tourisme

シャンパーニュ地方の都市トロワ Troyes fr

千年の歴史を持つ愛とロマンスの街、トロワ

シャンパーニュ地方の都市トロワは、2015年に≪ザ・グッド・ライフ≫誌で、フランスで最もロマンチックな街10選に選ばれました。事実トロワでは、愛について盛んに語り合います。そんな土地柄だからこそ、トロワの人々や催し物は詩的で繊細な魅力にあふれ、名声を博しているのでしょう。  

 

シャンパンの名産地

シャンパーニュ地方の玄関口であるトロワから30分程行けば、2500ほどの農家によって、シャンパンの22%を占める7,132ヘクタールのブドウ畑が営まれています。これらの畑のブドウから生産されるボトルの数は毎年1千6百万本から2千万本にも。歴史的地区の中心に位置するトロワ中央市場には、地元産のシャウルスチーズやトロワのアンドゥイエット(特産のソーセージ)など、地元の名産品がずらりと並んでいます。また、シャンピオン・デュ・モンド(菓子作りコンテストのチャンピオン)であり、フランス国家最優秀職人章の受章者であるパスカル・カフェによるメゾン・パスカル・カフェなど、豊かな職人技にも出会えます。

 

ミュージック・フェスティバル

トロワには1年を通して音楽があふれています。ヴィル・アン・ミュージック(音楽のある街)というプロジェクトで、夏になると毎週金曜と土曜の夜に、街のあちこちで様々なジャンルの無料コンサートが開催され、その数はなんと50回にも及びます。テラス席でシャンパングラスを片手に音楽に聞き入ったり、一緒に踊ったり、歌ったり…旅のひとときをフランス流に楽しみましょう。

 

トロワ、千の色彩の町

フランスの都市の中でも、恐らくトロワは最も豊かで濃密な、統一感のある名所が満載の都市と言えるでしょう。しかも、保存状態が非常に良好で、きれいに修復されている場所が多いのです。シャンパンのコルクの形をしているトロワには、中世から16世紀にかけての非常に貴重な歴史的建造物が多く残されています。400以上もの木組みの家々、のべ4500㎡に及ぶ10の教会と大聖堂のステンドグラス、素晴らしい美術館、有名なネコ通りなど。その他にも30~70%オフでブランド品を購入できるアウトレットモールがあることでも有名。

 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ