ランコントル・フォトグラフィック(国際写真フェスティバル):夏のアルル

Published on 2017年 9月 05日
  • LUMA Arles

    LUMA Arles - © DR

    LUMA Arles

    LUMA Arles - © DR

  • le marché d'Arles

    Le marché d'Arles - © DR

    le marché d'Arles

    Le marché d'Arles - © DR

  • Le Chiringuito arlésien

    Le Chiringuito arlésien - © DR

    Le Chiringuito arlésien

    Le Chiringuito arlésien - © DR

  • La Fondation Vincent Van Gogh

    La Fondation Vincent Van Gogh - © DR

    La Fondation Vincent Van Gogh

    La Fondation Vincent Van Gogh - © DR

  • Les sorbets de Soleileis

    Les sorbets de Soleileis - © Ijubaphoto - IstockPhoto

    Les sorbets de Soleileis

    Les sorbets de Soleileis - © Ijubaphoto - IstockPhoto

  • La librairie Actes Sud à Arles

    La librairie Actes Sud à Arles - © DR

    La librairie Actes Sud à Arles

    La librairie Actes Sud à Arles - © DR

  • La Roquette à Arles

    La Roquette - © DR

    La Roquette à Arles

    La Roquette - © DR

  • Les quais du Rhône

    Les quais du Rhône - © Benkrut - IstockPhoto

    Les quais du Rhône

    Les quais du Rhône - © Benkrut - IstockPhoto

  • Les cocktails de l'Hôtel Atrium à Arles

    Les cocktails de l'Hôtel Atrium - © Ezhukov - IstockPhoto

    Les cocktails de l'Hôtel Atrium à Arles

    Les cocktails de l'Hôtel Atrium - © Ezhukov - IstockPhoto

  • La ville antique à Arles

    La ville antique - © SteveAllen - IstockPhoto

    La ville antique à Arles

    La ville antique - © SteveAllen - IstockPhoto

ランコントル・フォトグラフィック(国際写真フェスティバル):夏のアルル Arles fr

プロヴァンス地方の都市アルルが世界一美しいアートギャラリーに変身。この夏の間を通して、9月27日まで開催される「ランコントル・フォトグラフィック」を機に、アルルの素敵な通りを探訪してみてはいかがでしょうか?展覧会にカクテル、昔ながらのマルシェ(市場)におしゃれなギャンゲット(オープンエアのパブ)…。散策のアイデアは尽きません。

1. この夏限定の店を楽しむ:アルル流「ル・チリンギート(Le Chiringuito)」 

この夏だけ、バカンスムードいっぱいのギャンゲットが展覧会開催中の街中に期間限定でオープン。カクテルやタコスを楽しめます。「ランコントル」のプログラムのページをめくりながら、一息つくのにぴったりの場所です。

65 Boulevard Emile Combes7月~9

2. アルルの住民のような朝を過ごす:土曜の朝のマルシェ

3㎞にわたって続く、プロヴァンスとカマルグの店をのんびり眺めて歩きましょう。朝食がまだなら、それに越したことはありません。オーガニックのパン屋さんの見事なブリオッシュ、ホテル「ジュール・セザール(Jules
César)」向かいのスタンドのタプナード、「カフェ・ドートルフォワ(Café
d’Autrefois)」の美味なスムージーを買って、朝食を楽しんでみてはいかがですか?

Boulevard des Lices、毎週土曜日の朝

3. 変わらぬ人気の場所を再訪:「フィンセント・ファン・ゴッホ財団美術館」

毎年この美術館では、アルルを拠点に創作活動をおこなった天才画家ゴッホの絵画を、現代作品と対比して展示しています。美術館を立ち去る前に、モン・ヴァントゥーとアルルの街並みを背景にセルフィーを撮るのをお忘れなく。

 35ter rue du Docteur Fanton

 

4. 暑さをしのぐ:「ソレイレイス(Soleileis)」のシャーベット

夏の暑さが厳しいアルル。幸運なことに、この街一番のアイスクリームショップは、「ランコントル」の案内所のすぐ近くにあります。ワイルドプラムにビターアーモンド、ペッシュ・ド・ヴィーニュ(果肉の赤い桃)。どれを選ぶか迷ってしまいます。

9 rue du Docteur Fanton

 

5. 本の世界に浸る:書店「アクト・シュッド(Actes Sud)」

この名高い出版社は、ここで書店だけでなく、ハマムやオリエンタルレストラン、映画館もオープンしています。またそのすぐ近くには、「ランコントル」に協賛している場所「シャペル・ドュ・メジャン(Chapelle
du Méjan)」もあり、毎夏素晴らしい写真展が開催されます。

23 place Nina Berberova

 

6. ストリートアートの散策:ロケット(Roquette)地区

ジュニーヴ(Genive)広場を起点に、この庶民的で感じのよい界隈を後にして、路地を巡ってみましょう。もしかするとベニ(Beni)のハートやシクロープ(Cyklop)の目、あるいはミス・ティック(Miss.Tic)の有名なステンシルに出会えるかもしれません。Instagramへの投稿に打ってつけですね。

 

7. 夕暮れのピクニック:ローヌ河岸

夕暮れ時には、よく冷えたレ・ボー・ド・プロヴァンスの白ワインを持って、お友だちと一緒にローヌ河岸に出かけましょう。美しい光、心地よい気温、バラ色に染まった空。魔法のようなひとときです。

 

8. 絶景を楽しみながらカクテル:ホテル「アトリウム(Atrium)」の屋上テラス

オープンしたばかりの場所。炭火焼の肉料理にカクテル。デッキチェアが並ぶプール。写真を見て回って疲れた一日の終わりに理想的な場所でしょう。

1 rue Emile Fassin、毎晩18時から営業

 

9. 夜のそぞろ歩き:古代都市

残念ながら、見学時間は過ぎています…。でも、日が暮れた後は、古代劇場と古代ローマの円形闘技場が違った顔を見せるかもしれません。星が煌めく夜には、古代の石造りの建物が輝き、古代都市の魅力を堪能できます。

 

10. 未来のアルルの姿を見る:「LUMAアルル」

「ランコントル」の中心的な展覧会場の一つになるべく変貌を遂げつつある、SNCF(フランス国鉄)の作業場跡地。フランク・ゲーリー設計のシルバーの塔に見守られながら、ご自身のリズムでこの場所を探訪した後は、「ル・レフェクトワール(Le Réfectoire)」のカフェや「ル・ノナント・ヌフ(Le Nonante-neuf)」の期間限定バーで、一休みしてはいかがでしょうか?

Boulevard Victor Hugo.

 

それ以外には?

泊まる:「オテル・デュ・クロワトル(Hôtel du Cloître)」(住所:18 rue du Cloître)でスタイリッシュな夜、あるいは「ノール・ピニュス(Nord Pinus)」(住所:14 place du Forum)で伝説に残る夜を。

食べる:「レ・フィーユ・デュ16(Les
Filles du 16)」(住所:16 rue du Docteur Fanton)でギャルディアンヌ・ドゥ・トロ(雄牛の赤ワイン煮込み)、あるいは「ルーヴル・ボワット(L’Ouvre-Boîte)」(22
rue du Cloître)で日本とアルルがミックスしたタパスなど、カマルグの郷土料理を。

見どころ

見どころ