スイーツ好きなら押さえておきたいパリの新店3選

Published on 2017年 6月 09日
スイーツ好きなら押さえておきたいパリの新店3選 paris fr

話題のパティスリーで絶品スイーツを!

毎年新しいパティスリーがオープンするパリ。最近はイートインスペースのあるショップや、工房が見えるオープンなスタイルが流行中。スイーツファン要チェックの話題店をご紹介しましょう。

 

「ラ・ショコラトリー・シリル・リニャック La Chocolaterie Cyril Lignac」は、人気シェフ、シリル・リニャックが2016年3月にオープンしたチョコレートの専門店。種類豊富なタブレット(板チョコ)のなかでも、ミルクチョコにギモーヴと塩キャラメルが入ったものは特におすすめ。日本未上陸なのでおみやげにもぴったりです。イートインスペースもあるので、ショコラ・ショー(ホットチョコレート)やパン・オ・ショコラを朝食でいただくのもおすすめ。

 

同じくイートインのある「ヤン・クヴルールYann Couvreur」はパリの5つ星ホテル「プランス・ド・ガル」でシェフパティシエとして活躍していたヤン・クヴルールが、2016年に開いた新店。お店に並ぶスイーツは、郊外のアトリエでベースを作り、最後の仕上げを店頭で行うというスタイルで、フレッシュな味わいが楽しめます。なかでもミルフイユはレストラン時代からのスペシャリテ。注文を受けてから作る、テイクアウト不可の味はイートインで楽しんで。

 

2017年2月、マレ地区にオープンしたばかりの「レ・トロワ・ショコラLes Trois Chocolats」は、日本人ショコラティエ佐野恵美子さんのチョコレートショップ。フレーバーが多彩なボンボン・ショコラがおすすめで、なかには山椒やきな粉など日本の食材を使ったものも。パッケージもしっかりしているので型崩れすることなく持ち帰れます。

 

ハイレベルなパティスリーやショコラトリーが集まるパリは、スイーツファンにとってパラダイス。この町でしか出会えない自分だけの逸品を見つけてみてください。

 

パリ旅行の決定版!

地球の歩き方『パリ&近郊の町2017-18』最新版発売

海外旅行のバイブル「地球の歩き方」から最新情報満載の『パリ&近郊の町2017-18』が発売になりました。人気ブロガーや歩き方読者のパリ体験談を大特集!最旬トピックスや気になるスイーツの新店情報も満載です。全国書店で発売中。

 

発売元:ダイヤモンド社

定価:1700円+税

頁数:488ページ

ISBN-10:4478060513

オンラインでのガイドブック購入はこちら

 

見どころ

見どころ