リヨンの光の祭典2017年

Published on 2017年 2月 08日
リヨンの光の祭典2017年 fr

リヨンの街

「美食の都」「絹の街」「金融の街」「ハイテクの街」、パリに次ぐフランス第2の都市にはさまざまな称号があります。

ローヌ川とソーヌ川の2本の川が街を横切り、背後にローマの遺跡を残すフルヴィエールの丘がそびえます。旧市街ヴューリヨン(VIEUX LYON)と呼ばれる古い町並みは、ユネスコ世界遺産に登録され、現在はリヨン随一のグルメ街となっています。

また映画の父リュミエール兄弟はリヨン出身で、世界初の実写映画と言われる「工場の出口」はリヨンで撮影された事から、映画発祥の地と言われていれています。

近年、12月に開催される夜のイベント「光の祭典」が有名となり、フランスに限らず海外からの観光客の多くがその時期にリヨンを訪ねます。

 

夢と魔法の世界へ

リヨン伝統の光の祭典は今年で16回目となります。市内の建築遺産の再発見をするために、夢と魔法に溢れた散歩に最適な時期です。

リヨンの光の祭典の由来は1852年に遡ります。伝統によると、リヨンの住人は12月8日の19:00から一気にそれぞれの窓に小さな「ルミニオン」(LUMIGNONS)とのカラーグラス証明の中に灯したろうそくを飾り、フルビエールの丘からリヨンの街を見守る聖母マリアに感謝の光をささげます。

また、中心街とリヨン・コンフリュアンスにある350の建築物は期間中イルミネーションに彩られ、世界で最も美しい光の祭典のひとつに数えられています。

それに加え近年、国際的なアーティストからさまざまな光のオブジェ作品が旧市街の75ヵ所以上の場所で展示されて、街中が光のアートにつつまれまるで幻想的な世界がひろがります。毎年リヨン市の厳しい審査を通過したアーティストのみが作品展示を与えてもらうため、美しいかつ斬新な作品を生み出すよい競い合いのきっかけとなります。

結果、「光の祭典」はフランス最大級のイルミネーション・イベントとなり、毎年およそ4000万人の動員数がこの時期にリヨンを訪れるといわれています。

 

開催期間: 2017年 12月 07日 ~ 09日

時間帯:20:00 ~ 24:00

会場: リヨン市内

 

光の祭典を楽しむための、参考コース(2016年参考)

ソーヌ川とローヌ川の間から街に入り、クロワ・ルース CROIX-ROUSSEの坂道から、トラブール TRABOULE(抜け道のような中庭)を下って、訪れる人は、モニュメントや新市街の代表的な、テロー広場 LA PLACE DES TERREAUX、ベルクール BELLECOURのバルトディ BARTHOLDIの噴水、セレスタン劇場 LE THÉÂTRE DES CÉLESTINSを通って、共和国広場 LA PLACE DE LA RÉPUBLIQUEへ。ソーヌ川の反対側の旧市街沿いには、ルネッサンス地区や有名な大聖堂があります。

よりスポーティブな人は、12月8日の伝統の象徴である場所、大聖堂からリヨンを一望できるフルヴィエールの丘 LA COLLINE DE FOURVIÈREに登ってみてください。終わりには、ローヌ川のほとりを散歩して、川や橋、穏やかな散歩道からライトアップされた街を楽しむことができます。

 

アクセス

空路:パリ・オルリー空港もしくはシャルル・ド・ゴール空港から1時間30分。

鉄道:パリ・リヨン駅からTGVで2時間。新市街に近いリヨン・パール=デュー LYON PART-DIEU 駅もしくは旧市街に近いリヨン・ペラーシュLYON PERRACHE 駅で下車

 

コンタクト

Grand Lyon

20, rue du Lac – CS 33569 - 69505 Lyon cedex 03

Tel :+33 (0)4 78 63 40 40

contact(at)grandlyon.com

 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ