「ロンリープラネット」が選ぶ2017年、世界で最も訪れたい都市ランキング。

Published on 2016年 11月 02日
  • © Atout France/Franck Charel

  • © Atout France/PHOVOIR

  • © Steve Le Clech

  • © Steve Le Clech

「ロンリープラネット」が選ぶ2017年、世界で最も訪れたい都市ランキング。 Bordeaux fr

■№1はボルドー。 

   ボルドーが、旅行ガイドブック「ロンリープラネット」の2017年最も訪れたい都市ランキングで、栄えある第1位に輝きました。第2位は南アフリカ共和国のケープタウン、続いて第3位はアメリカ合衆国のロサンゼルスが選ばれ、息の長い変遷を遂げているボルドーに軍配が上がりました。

 

毎年、注目を集める国&地方&都市ランキングの各トップテンを決定する「ロンリープラネット」の審査員によれば、今年の都市ランキングは接戦の末、第2位のケープタウン、第3位のロサンゼルスを抑えて、ボルドーが栄えある第1に輝いた、とのことです。

 

« ボルドーが第1位に選ばれた要因は、2017年半ばに新しく開通予定の高速鉄道によるところが大きかったですね。 »、とは旅行家でガイドブック執筆者、かつ審査員も務めるジャン=ベルナール・カリエ氏の弁。事実、新しくTGVが開通すると、パリとボルドーはたった2時間で結ばれます。

 

また「ロンリープラネット」が、ボルドーの建築遺産を« 比類のない »ものとして評価していることも、もちろん忘れてはなりません。« サン=タンドレ大聖堂、サン=ミッシェル教会とサン=スラン教会が、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路のフランスの一部として 1998年にユネスコ世界遺産に登録された後、2007年にはボルドーの都市全体のほぼ半分が世界遺産区域に認定されたのです!  »との評価を与えています。加えて2016年5月31日にオープンした「ワイン文明博物館」が、ガイドブック執筆者たちの高い注目を浴びており、オープン記念セレモニーにはフランソワ・オランド大統領がご臨席、ボルドーワインの世界的知名度をさらに決定づけたのでした。

 

■ボルドーのクリスマス・マーケット

2016年11月25日~12月28日までトゥルニ広場では、ドキドキ・ワクワクの出会いと家族で至福の時間を過ごすことのできるクリスマス・マーケットが開催されます。さらに期間中の毎週末とクリスマス学校休暇中(12月25日を除く)の13時半~17時半まで、慈善団体Clowns Stéthoscopesによる子供たちへのメーキャップ・サービスがあります(金額の如何を問わず、ご寄付をお願いします)。

★注:この慈善団体は、ピエロの恰好をしたプロの役者たちがボルドー大学病院に入院する子供たちを訪問して励ます活動を行っており、その一環としてボルドーのクリスマス・マーケットでメーキャップを行います。

 

見どころ

見どころ