フランスのワインシャトー宿泊にて、ワイナリーのライフスタイルを楽しむ

Published on 2016年 8月 12日
  • © Visit French Wine

フランスのワインシャトー宿泊にて、ワイナリーのライフスタイルを楽しむ

 

ボルドーやブルゴーニュに代表されるワイン産地では数々のワイナリーが存在し、その中では宿泊のサービスを提供するワインシャトーが近年増えてきました。ブドウ畑の景色を眺めながら夢を見る。悠久の歴史を刻むシャトーで優雅な時間を味わう。ワイナリーに泊まって料理とワインに舌鼓を打つ。この通常の観光では味わえない体験をしてみませんか?

 

 

ブルゴーニュ地方

ロマネ・コンティを算出する世界最高峰のワイン産地として名高いブルゴーニュ地方。

複数のブドウから作られたワインを掛け合わせて1本のワインを作るボルドーと違い、単一品種のみで作られるブルゴーニュワインは、作り手と土壌(テロワール)の個性が反映されたワインとなります。

その味のエレガンスさと繊細さは世界中のワイン愛好家垂涎の的となり、同時にその複雑さを演出するテロワールの謎はブルゴーニュの迷宮として彼らを悩ませもしています。

会社経営が多いボルドーに対して、家族経営が多いブルゴーニュのドメーヌは小規模グループや個人旅行者に適した素材と言えるでしょう。

 


■オリヴィエ・ルフレーヴ(Olivier Leflaive)

世界最高峰の白ワイン産地と称されるピュリニー・モンラッシェ村の中心にあり、17世紀の美しい建物を改造したホテルです。

静寂な空間と快適で、信憑性の高いブルゴーニュ唯一のホテルです。プライベートテラス付きのスイートルーム2部屋と他に11部屋あります。

------------

アクセス:Beaune駅より15分(タクシー)

10,
Place du Monument 21190 Puligny-Montrachet

Tel
: +33 3 80 21 37 65

contact@olivier-leflaive.com

www.olivier-leflaive.com/

 

 

■ドメーヌ・ロワ・デュフールー(Domaine Lois Dufouleur)

ブルゴーニュのグラン・クリュ街道に位置するボーヌにあるこのドメーヌはシンプルなおかつ寛げるシャンブル・ドットの多数部屋を提供しています。ボーヌのワイナリーを観光するには最適な宿泊先となります。

------------

アクセス:Beaune駅より5分(タクシー)

8,
boulevard Bretonnière - 21200 Beaune

Tel.
+33 3 80 22 41 97

contact@jardinsdelois.com

www.domaineloisdufouleur.com/

 

 

■シャトー・デュ・プチミュジニー ( Château du Petit Musigny)

ナポレオンが愛したワイン産地、シャンボール・ミュジニー村に位置する4つ星ホテルに改装された美しいシャトー。ワインスペクタター誌にて“ブルゴーニュ地方の最も美しいホテル”と好評されました。

------------

アクセス:シャンボール=ミュジニーのすぐ近く

6
Rue Traversière, 21220 Chambolle-Musigny France

Tel.
+33 3 80 62 41 62

info@privateselection.ch

www.privateselection.ch/ 

 

 

ボルドー周辺 

最近ではシテ・デュ・ヴァン(ワイン博物館)がオープンし、ますますワインツーリズムの機運が上がっているボルドー。ボルドー=ワインと言うイメージが強いですが、その美しい街並みは世界遺産に登録されており、1日かけてじっくりと市内見学に費やしたい町です。

また、フランス人が選ぶ最も住みやすい町2015にも選出されているなど、人気の高さを知ることができます。

ボルドー郊外には8.000のシャトーがあり、観光客を受け入れている施設も多数あります。

今回はその中で宿泊可能なシャトーについて一例をご紹介致します。

 

■シャトー・ラグランジュ(Château Lagrange)

3級格付けの偉大なシャトー。

日本のサントリーが所有者であることで知られるボルドーの北、サン・ジュリアン村に位置するシャトーです。

一時は荒廃したシャトーをサントリーが購入し、見事立て直しに見事成功。その後は設備投資にも力を入れ、レストランと宿泊施設も備えています。

現在では日本人スタッフが常駐し、日本語でシャトーの見学をすることができます。

広大なブドウ畑を有し、ルネサンス様式のシャトーの庭には池が作られ優雅に泳ぐ白鳥を見ることができます。

ボルドーからの道中は、シャトーマルゴーやシャトーパルメ、そしてこのメドック地区のヴェルサイユと称されるシャトーベイシュベルなどの美しいシャトーを車窓から眺めることができます。

------------

アクセス:ボルドーより1時間20分(車)

33250
Saint-Julien-Beychevelle

Tel
+33 5 56 73 38 38

chateau-lagrange@chateau-lagrange.com

chateau-lagrange.com/

 


■シャトー・パップ・クレマン (Château Pape Clement)

ボルドー市の西の近郊に位置する最も古いワイナリーの一つ。

ゴージャスな設えをはじめ、ワインティスティングなどが行われていて、ボルドーのワインツーリズムの名所とも言えます。

ボルドーからちょっと足を延ばしていけるシャトーとして人気があります。

------------

アクセス:ボルドーより15分(車)

216,
avenue du Docteur Nancel Pénard 33600 Pessac-Bordeaux

Tel.
+33 5 57 26 43 06

contact@pape-clement.com

www.luxurywineexperience.com/en/chateaux/pape-clement

 


■シャトー・フォンブロージ (Château Fombrauge) 

本来は修道院であったシャトー・フォンブロージは、街並みが世界遺産名にも登録をされている名サンテミリオン近郊のサンテミリオン地域に位置しており、60ヘクタールにも及ぶブドウ畑も見事です。

------------

アクセス:ボルドーより45分(車)

Lieu
dit Fombrauge, 33330 Saint-Christophe-des-Bardes

Tel.
+33 5 57 24 77 12

contact@pape-clement.com

www.luxurywineexperience.com/en/chateaux/fombrauge

 


■シャトー・ラ・トュール・カルネ (La Tour Carnet) 

中世の塔がトレードマークになったワインドメーヌ「ラ・トュール・カルネのドメーヌ」はボルドーから車で45分の場所に位置しています。中世の名残が至る所で見れる美しいシャトーとして愛好家にとって絶好の宿泊先になるでしょう。

------------

アクセス:ボルドーより50分(車)

Darrous,
33112 Saint-Laurent-Médoc

Tel.
+33 5 56 73 30 90

contact@pape-clement.com

www.luxurywineexperience.com/en/chateaux/tour-carnet  

 


アルザス地方

アルザス地方を南北170㎞に渡って伸びる、アルザスワイン街道は、優れたリースリングやグヴェルツトラミネールなどを栽培するフランスの代表的な白ワイン生産地です。

ワイン街道沿いには木組みの美しい村々が点在し、シーズンには季節の花で彩られ、多くの観光客で賑わいます。

その美しい村の代表格が、2015年JATAによって「ヨーロッパの美しい村30選」の一つにも指定されているリクヴィルです。

ブドウ畑に囲まれたこの村には、カラフルな木組みの家が建ち並び、ワインショップやアルザスの名産品を売るお店が軒を連ねています。それらのお店の入り口にふと目をやるとなんとも可愛らしい看板が掲げられているのがお分かりいただけるでしょう。

とても小さな村ですが、のんびりとカフェでお茶をしたり、周辺を散策したりなどぜひゆっくりと過ごしてほしい場所です。

 

■ドップ・オ・ムーラン(Dopff au Moulin)

アクセス:ストラスブールより車で1時間。もしくはコルマールからバス。

2
avenue Jacques Preiss 68340 RIQUEWIHR

Tel
: +33 3 89 49 09 69

www.dopff-au-moulin.fr/

 

 

ロワール渓谷 

世界遺産ロワールの古城で知られるロワール河沿いには多くのワインシャトーが点在しています。

ボルドーに次ぐ貴腐ワインの産地としても知られ、独自の製法で作られるミュスカデなどのさっぱりとした辛口白ワインも有名です。

古城めぐりの場合、拠点となる町はトゥールかブロワですが、ロワールワインの中心はアンジェでしょう。

 

■シャトー・シュマン (Chateau Cheman)

【シャトー・シュマン】

14世紀に作られたこのチャーミングなシャトーはAOCを取得した白やロゼワインを製造しています。部屋数は全部で5部屋あり、名前はシナモン、ローズ、ラヴェンダー、アニス、バニラで、それぞれの色を基調とした内装になっています。シャトーは17haにも及ぶ広大なブドウ畑に囲まれており、近場を周りたいときはスクーターを貸してくれるサービスもございます。また、お昼だけを食べに立ち寄ることも可能です

------------

アクセス:アンジェより30分(車)

49320
Blaison Gohier

Tel
: +33 2 41 66 93 32

infos@chateau-cheman.com

www.chateau-cheman.com/