カンヌ ファイブシーズホテルへ

Published on 2016年 8月 10日
  • © Five Seas Hotel

  • © Five Seas Hotel

  • © Five Seas Hotel

  • © Five Seas Hotel

  • © Five Seas Hotel

カンヌ ファイブシーズホテルへ 1, RUE NOTRE DAME 06400 Cannes fr

カンヌは世界中からセレブが集まる華やかな町。各観光スポットは徒歩で歩いて回れるほどこじんまりしていますが、飲食店は多くてどの店に入ったら間違いがないか迷ってしまうことも。そんな中でおススメなのがシェフのアルノー・タバレックが手掛けるカンヌ ファイブシーズホテル内のレストラン2店舗とバーです。同世代のシェフの中でも類稀な想像力と豊かな才能が光るタバレックは、その若さにも関わらずフランスの最高級メゾン、ルレ・エ・シャトー、そして星付きレストランで経験を積んできました。旅を愛する彼は、アジア各地への長期滞在で素材の良さを活かすことを学び、カンヌ ファイブシーズホテルのレストランを最高の場所にしています。

 

■絶景が見えるレストラン「シーセンス」でコースメニューはいかが? 

ホテルの6階にあるレストラン「シーセンス」からは、ル・シュケやヴュー・ポール(旧港)を見下ろすカンヌの絶景を楽しむことができます。このお店の料理を一言で表すと「洗練されたマルシェの料理」。

タバレックが使う食材の大多数は産地から直接仕入れたもの。又、自らの旅で出会った香辛料などのエキゾチックな材料を使いながら、伝統的な料理も新しくアレンジしています。

おすすめメニューは、“63℃でゆでたオーガニックエッグにパトリック・デュレの脂身添え、強火でさっと焼いたシメジ、肉汁”、“ブイヤベース風ブルーオマールエビ”、“メイドイン・コートダジュールのオーガニックポークのココット焼き&スモーク、シルヴァン・エラルドのアスパラガス、ビゴールのキュルノワール(ポーク)”など。6皿で構成される最高のコースメニューには驚きがいっぱい。

 

■気軽に楽しみたい人はホテル内のブラッスリーへ 

ほっとする雰囲気が自慢のブラッスリー シーセンスも同じホテル内にあります。おすすめは“チキン入りクラシックシーザーサラダ”や“ココットでローストした鶏胸肉、エシャロット&オリーブオイル漬けのミニポテト”あるいは“皮付きスズキのグリル、ヴァージンオイル、マッシュポテト”など。ランチのメニューやアラカルトの品々には、地中海の素材を必ず織り交ぜながら、当日市場から仕入れた旬の食材を使っています。

 

■陽気なバーでは夏の間イベントも 

ホテルの中にあるバーでは、世界を旅した経験あるバーテンダーたちが、定番カクテルはもちろんのこと、独創的なカクテルを作ってくれます。明るく陽気な雰囲気が漂うこのバーでは、夏の訪れとともにたくさんのイベントが。今年の夏はジャズシンガーのガエル・ノヴァが毎水曜日にその歌声を披露し、またファッションショー、ワインの試飲、そしてパーティと続くイベントが毎金曜日に行われています。

 

カンヌ ファイブシーズホテル(FIVE SEAS HOTEL CANNES)

住所:1, RUE NOTRE DAME - 06400 CANNES

電話 : +33 4 63 36 05 05

INFO@FIVESEASHOTEL.COM

見どころ