ピカソ美術館━邸宅美術館(パリ)

Published on 2016年 7月 01日
  • © Musee Picasso

ピカソ美術館━邸宅美術館(パリ) 5 rue de Thorigny 75003 Paris fr

シリーズ:建築で巡る美術館-美術館へと転身を遂げた建築物のご紹介-


ピカソの遺族がフランスに寄贈した作品をもとに開設された美術館。そのためにマレ地区のこの邸宅が選ばれた。オテル・サレ(塩の館)と呼ばれるこの館、1656年に塩税の徴税請負人だったオーベール・ドゥ・フォントネーが建てた屋敷である(稼ぎましたねぇぇ)。それかパリ市の所有になっており、それを改装して1985年に完成した。建物そのものの改装に3億円以上、改装に18億円かかったというから、豪華に違いない。さらにディエゴ・ジャコメッティ(彫刻家のジャコメッティの弟)がシャンデリア、椅子のデザインを担当。もともとこの界隈でもっとも豪奢といわれていた建物をさらに磨き上げて美術館となりました。廊下といい、階段、手摺、レリーフ、どれも素晴らしい。邸宅好きは必見。



■営業時間とアクセス
開館は火曜日から日曜日。月曜日、12/25、1/1、5/1は定休。
火曜日から金曜日:  11:30 から 18:00(最終入場は17:15)
土曜日から日曜日:  9:30 から 18:00(最終入場は17:15)
毎月第3金曜日は21:00まで営業(最終入場20:15)

アクセス:
メトロ1号線 サン・ポールSaint-Paul/サン・セバスチアン・フロワサールSaint-Sebastien-Froissart
メトロ8号線 シュマン・ヴェールChemin Vert

パリ ピカソ美術館Musee Picasso Paris
5 rue de Thorigny 75003 Paris
http://www.museepicassoparis.fr/en/
contact@museepicassoparis.fr

■料金
一般個人:11ユーロ。第一日曜日は無料開放。

団体:
国立ピカソ美術館では成人の団体は火曜日~金曜日の決められた時間内にのみ予約を受け付けます。
学校開校期間は11:30から16:00、パリ地区の学校休暇期間は10:00から16:00です。
美術館のガイド同行の有無を問わず、全ての団体についてオンライン予約が必要です。人数はガイドを含み最大20名まで。オンライン販売に関する一般約款をご参照ください。

全ての料金は団体全員の入館料、1名の専属ミュージアムガイドまたは自前のガイドの入場許可、予約手数料、団体全員のオーディオガイドシステム利用料を含みます。すべての団体はオーディオガイドを利用しなければなりません。

専属ミュージアムガイドとのツアー
10名未満の団体 税込260-ユーロ
10名から15名の団体 税込300ユーロ
16名から20名の団体 税込340ユーロ
26歳未満の団体 税込230ユーロ

自前ガイドとのツアー
10名未満の団体 税込130-ユーロ
10名から15名の団体 税込170ユーロ
16名から20名の団体 税込210ユーロ
26歳未満の団体 税込50ユーロ

ヘルプセンター:TEL +33 (0)1 85 56 00 36 (月~金の9:30-18:00)

INA国立映像音響アーカイヴと共同でピカソ美術館の変遷を紹介した貴重な映像も公開されています。
http://www.museepicassoparis.fr/en/museum/archives-ina/

 

塩はどなたでも買いますので度★★★★☆

詳細情報

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ