バルザックの家━作家の家━イル・ド・フランス地方

Published on 2016年 6月 22日
  • バルザックの家の庭園

    バルザックの家の庭園

    © Didier Messina

バルザックの家━作家の家━イル・ド・フランス地方 47, rue Raynouard 75016 Paris fr

詩人のボードレールが『天才はいかにして借金を払うか』という文章で小説家バルザックは一階と二階に玄関のある家に住んでいて、一階の玄関から借金取りが呼び鈴を押せば二階から、二階の玄関から呼び鈴を押せば一階から逃げ、借金取りからにげるのだ、というようなことを書いていた。

なるほど、さすがは小説におけるナポレオンを目指した男、と思ったが、どんな家か想像がつかなかった。問題のこの家、現在はバルザック記念館Maison de Balzac となっており訪ねることができる。行ってみるとこの家の謎はあっけなく解ける。要するに段差がある敷地に家が建っている。

バルザックは借金取りとの他愛もない戯れためにこのような家をわざわざ探したのだろうか? 作家にまつわる展示品があり小説を読んだことのる人ならば興味深いのでは。

 

アクセス ; 47, rue Raynouard 75016 Paris


http://maisondebalzac.paris.fr/fr



ご利用は計画的に度★★★☆☆

見どころ

見どころ