期間限定の美味しいレストラン

By Julie Rovero-Carrez | Published on 2016年 5月 23日
  • Akrame Benallal

    Akrame Benallal

    © Gault et Millau

  • Moules fleur d'oranger coco

    Moules fleur d'oranger coco

    © S.Biteau

  • Anne-Sophie Pic

    Anne-Sophie Pic

    © Virginie Lemesle

期間限定の美味しいレストラン

«創業1582年» 。パリの名店トゥール・ダルジャンのファサードにはこう記してあります。かつてレストランと言えば父から子へ受け継がれたものでした。ここ数年、その傾向は変わりつつあるようで、「夏限定」や「ポップアップレストラン」と呼ばれる期間限定レストランが流行となっています。今日、レストラン業界におけるサプライズとは、メニューの内容に限らず、コンセプトそのものが対象となっています!


タイミング良いリノベーション

夏も近づき、シェフ アクラム・ベナラルの名料理「オレンジの花&ココナッツ風味ムール貝」が食べたいなぁと思ったら…。パリ16区、凱旋門至近のミシュラン2つ星人気店「アクラム」では、現在店舗の改修工事中。でもシェフはこの間に常連客が困らないよう、5月~10月の間、臨時レストランを開きます。

国内唯一の女性3つ星シェフ、アンヌ=ソフィー・ピックは、もっとも初期にこのアイデアを実行した一人です。フランス南東部のヴァランス市にある伝説的なレストラン「メゾン・ピック」でシェフをする彼女は、「ビストロ7」の改装期間中にテラス部分を利用した期間限定の山小屋レストラン「ピック・ブラン」を開きました。改装期間がちょうどスキーシーズンに重なったため、メニューにも山の料理をビストロ風にアレンジした「スイスグリュイエールチーズのスフレ」など、工夫の料理が並びました。

 

"ファッショニスタと美食家たち"

モードと同じく、期間限定レストランでもシーズンごとの新メニューを提案します。南仏リゾートのサントロペでは、2010年に観光局跡地にできたディオールの店舗脇に、夏季の間だけ、期間限定のレストラン「ディオール・デ・リス」を営業します。メニューを手掛けるのは3つ星シェフのヤニック・アレノ。有名ブランドのポップアップレストランに相応しく、最先端のファッションを追い求める人々や美食家が贔屓にしています。

 

高い場所で記憶に残るグルメ体験を

イベントを開催する、話題を集める。これこそがポップ・アップ・レストラン(Pop up=ひょっこり現れる)のもう一つの使命です。一夜または数日間限定でオープンするレストランは人々の記憶に残り、時にサマリテーヌ・デパートの屋上まで私たちを連れて行き、さらには…パリの上空までへも連れて行きます!

2009年9月には空中で名シェフの料理を味わうという前代未聞のイベントが行われました。これは、チュイルリー公園上空50メートルにクレーンで釣り上げられた正真正銘の空中レストランで、アラン・パサールやティエリー・マルクスなど、現代のフランス料理界を代表する10人の巨匠が交代で料理を披露する、というものでした。実際に食事をした人々はこの時の体験をそう簡単には忘れられないでしょう!

ポップアップレストランという新たな流行は、サプライズや新着情報を探して止まないザッピング世代の要求に応えられるでしょうか?

シェフ、ハリー・カミンズとソムリエ、ローラ・ヴィダルもポップアップの流行をすぐに察知し、時代の波に乗った2人。2012年にパリ・ポップアップを設立し、世界各地で期間限定の料理イベントを開催しています。これまでに京都、モントリオール、サン・フランシスコ、バルセロナなどでポップアップレストランを成功させ、今年はアルルのホテル「グラン・オテル・ノール=ピニュ」で五感に訴える洗練された創作料理を提供します。この夏のお勧めです!