南仏在住17年イエール観光局日本人スタッフ・角野由佳さんがお薦めスポットをご紹介!

Published on 2016年 5月 12日
  • コートダジュールの楽園・ポルクロル島

    コートダジュールの楽園・ポルクロル島

    © Julien Mauceri

  • ブーゲンビリアが似合う風景

    ブーゲンビリアが似合う風景

    © 南仏イエール観光局

  • フラミンゴの塩田

    フラミンゴの塩田

    © 南仏イエール観光局

  • テンプルの塔

    テンプルの塔

    © 南仏イエール観光局

  • © 南仏イエール観光局

南仏在住17年イエール観光局日本人スタッフ・角野由佳さんがお薦めスポットをご紹介! hyeres fr

色鮮やかなブーゲンビリエや南仏の楽園ポルクロル島が人気!南仏イエールからボンジュール!
イエールはコートダジュールという名称の発祥地で、ターコイズブルーの美しい海や黄金の島々、イルカや鯨などが生息するペラゴス保護海域、フラミンゴが飛来する塩田湿地帯、ブーゲンビリエやミモザ、藤など色鮮やかな南仏の花であふれる、恵まれた自然と太陽いっぱいの温暖な町です。広い地中海や空、砂浜など、大自然に囲まれ南仏らしい暮らしを体験する旅が実現できる、ここイエールはコートダジュールのとっておきスポットです。

角野さんが楽しさ確認済み【コートダジュールの楽園・ポルクロル島】でのサイクリングとハイキング。
ポルクロル島はイエール諸島の中で1番大きくアクセスが簡単で、気軽にバカンスを味わえる人気の島。イエールのトゥール フォンドュ港からフェリーで約20分です。
教会がある広場を囲みレストランやホテルがあり、広場を抜けると松林の砂浜、ターコイズブルーの海、歴史ある風車と要塞、松並木やユーカリの木、ブーゲンビリエやサボテンの花、ぶどう畑やオリーブ畑などが広がります。サイクリングやハイキングがオススメ。2015年にノートルダムビーチが欧州観光振興協会【ヨーロッパで1番美しいビーチ】に選ばれました。アルジョンビーチでは海を眺めながらの食事が楽しめます。Coco Frioの自家製アイスクリームは美味しいので、お忘れなく。2017年にカルミニャック財団の近代美術館がオープン予定です。お隣のポルクロ島はヨーロッパで1番最初の国立海洋公園です。

芸術家たちが愛した【コートダジュールの庭・イエール】/角野さんのお気に入り、フランス文化省指定2つの《注目すべき庭》。
南仏イエールの太陽と色鮮やかな花や緑に心癒された芸術家たちには、トルストイやステイーブンソン、ダリ、コクトー、ジャコメッテイー、アンリ・カルティエ=ブレッソンなどがいます。
①    サンベルナルド庭園・ヴィラノアイユ邸すぐ下。異国情緒豊かな植物や地中海性植物のローズマリーやアーモンド、藤、ラベンダー、笠松などがあり、海やイエール諸島が一望。キュービズムの庭も必見。
②    サントクレア庭園・オレンジ色の屋根の旧市街や海と島を一望。作家イーディス ウォートン氏が《楽園のような場所》として作った庭園。南米や豪州の亜熱帯性植物が多く見られ、ソテツ、楽園鳥花、ユッカ、ランタナ、アカシア、野生のサルヴィアが有名。

南仏在住17年の角野さんも感動《フラミンゴの楽園》塩田湿地帯のフラミンゴ。
イエール塩田湿地帯はラムサール条約登録《国際的に重要な湿地帯》です。フラミンゴや200種以上もの野鳥や植物が生息。朝焼けや夕焼け時のフラミンゴと塩田の風景は感動的。塩田近くのアルマナ海岸はウインドサーフィンのメッカです。フラミンゴのシーズンは10月から3月です。エコツーリズムにも最適です。

イエール観光局の角野由佳さんがオススメ【 南仏の楽園イエールでバカンス4泊5日】
1日目 イエール到着 宿泊4星ホテル
2日目 朝市と旧市街、ヴィラノアイユと庭園
3日目 塩田湿地帯とアルマナ海岸、ワイナリー
4日目 ジアン半島の展望台とオリーブ農園、オルビア遺跡群
5日目 ポルクロル島観光と近代美術館 

南仏イエール観光局 http://www.bonjourhyeres.com

他にもお勧めが沢山!イエールについてのご質問はイエール観光局日本人スタッフの角野由佳さんまでどうぞ!
ymalaurent@hyeres-tourisme.com


Related videos

 
 

Sponsored videos