東京・六本木でルノワール展開催中!

Published on 2016年 5月 12日
  • 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》 1876年 油彩/カンヴァス オルセー美術館

    《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》 1876年 油彩/カンヴァス オルセー美術館

    © Musée d’Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

  • 《浴女たち》 1918-1919年 油彩/カンヴァス オルセー美術館

    《浴女たち》 1918-1919年 油彩/カンヴァス オルセー美術館

    © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

  • 《草原の坂道》 1876-1877年 油彩/カンヴァス オルセー美術館

    《草原の坂道》 1876-1877年 油彩/カンヴァス オルセー美術館

    © Musée d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

  • 《ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル》 1897-1898年頃 油彩/カンヴァス オランジュリー美術館、ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム・コレクション

    《ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル》 1897-1898年頃 油彩/カンヴァス オランジュリー美術館、ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム・コレクション

    © RMN-Grand Palais (musée de l’Orangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

東京・六本木でルノワール展開催中!

 4月27日(水)から国立新美術館(東京・六本木)で開幕した「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
ルノワール展」。世界でも有数のルノワール・コレクションを誇る、オルセー美術館とオランジュリー美術館から両美術館が所蔵する、100点を超える絵画や彫刻、デッサン、パステル、貴重な資料が展示されています。

初来日のルノワールの最高傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》(1876年)のほか、《田舎のダンス》と《都会のダンス》(両画ともに1883年)が45年ぶりに揃って来日。《都会のダンス》でシルクの夜会服をまとう女性は、ユトリロの母として知られ、のちに画家として活躍する、17歳のシュザンヌ・ヴァラドン。けがでサーカスをやめ、モデルになりました。《田舎のダンス》で木綿の晴れ着姿で踊る娘は、のちにルノワールの妻となるアリーヌ・シャリゴ。画家ピエール・
オーギュスト・
ルノワール(1841-1919)が生きた19世紀の空気が光と共に浮かび上がります。

 

展覧会名 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展.

会期 2016年4月27日(水)– 8月22日(月).

休館日 毎週火曜日 *ただし5月3日(火・祝)、8月16日(火)は開館.

開館時間 10時 – 18時 金曜日、8月6日(土)、13日(土)、20日(土)は20時まで *入場は閉館の30分前まで.

会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

http://renoir.exhn.jp/

Related videos

 
 

Sponsored videos