ユネスコ世界遺産としてのモン・サン・ミッシェル

  • Le Mont-Saint-Michel

    Le Mont-Saint-Michel

    © CRT Normandie / F. Godard

  • Le Mont-Saint-Michel

    Le Mont-Saint-Michel

    © CRT Normandie / Th. Houyel

  • Le Mont-Saint-Michel

    Le Mont-Saint-Michel

    © CRT Normandie / E. Lorang

ユネスコ世界遺産としてのモン・サン・ミッシェル L'Abbaye 50170 Le Mont-Saint-Michel fr

「モン・サン・ミッシェルとその湾」は1979年にユネスコ世界遺産に登録されました。

パリから3時間半のこの場所は、世界中から観光客を集める、フランスでも屈指の観光名所です。

708年10月のある夜、アヴランシュの司教オベールの前に大天使ミカエルが現われ、トンブ山に修道院を建てるよう告げたことから、モン・サン・ミッシェルの長い歴史が始まりました。

 

ヨーロッパ最大、満ち潮の劇場

ヨーロッパ最大の干満差が観測され、「海が馬が駆けるような速さでモン・サン・ミッシェルまで押し寄せる」とうたわれました。かつては満潮になると島への道が消えてしまい、波にのまれた巡礼者も数多かったようですが、現在では橋によって結ばれ、いつでも訪れることがでます。

また、干潮時にはガイドを伴って湾を渡る貴重な体験を楽しむこともできます。

島内では石畳の細道を登って、修道院を目指します。西側のテラスから眺めるパノラマはまさに絶景です。

見どころ