日曜でも買い物できる、パリの観光地区

  • © Amelie Dupont

  • © Stephane Rivoal

  • © Amelie Dupont

日曜でも買い物できる、パリの観光地区 パリ fr

フランスでは、長らく日曜日はお店も定休日、美術館や映画館、公園やマルシェでの買い物などで過ごすというのが定番でした。しかし近年、パリにある「観光地区」「文化地区」については、日曜日の営業が法律で許可されています。それ以外の地区では日曜日は、食品を取り扱うお店だけが午後1時まで営業しています。


パリの主な観光地区

シャンゼリゼ大通り ~ リヴォリ通り :

凱旋門が中心にそびえるエトワール広場(Place de l’Etoile)から始まるシャンゼリゼ大通りにあるブティック、商店、映画館、レストランは年中無休。
コスメティック・香水、
書籍・音楽、アパレル、高級ブランド、そして自動車ショールームなどが中心となっています。 

コンコルド広場を挟んでルーブル美術館前を通るリヴォリ通り(rue de Rivoli)周辺も。


カルーゼル・デュ・ルーブル(Carrousel du Louvre)

ルーブル美術館地下のショッピング街。高級店から人気店まで約60店ものブティックが軒を連ね、フードコートも賑わう。毎日10時~ 20時 Nature & Découvertes, Agatha, Sephora, Apple Store... チュイルリー向かいの建物が連なるアーケードでも、多くのおみやげ店が日曜日は営業しています。

 

アコール通り(La rue d’Arcole)

ノートルダム大聖堂とパリ市庁舎を結ぶ、セーヌ河に架かるアーコル橋から延びるアーコル通りでもお土産物屋が開店しています。 

 

モンマルトルの丘

アベッスAbbesses からビュットモンマルトル Butte Montmartre の地区では日曜日でも土産物屋やレストランが日曜日も開店しています。テルトル広場、カルヴェール広場でPetit Bateau, Princesse Tam Tamなどがある。

 

マレ地区

パリの古い面影と風情溢れるには、アートギャラリー、カフェ、レストランなどのお店が軒を連ねる。

有名なロジエ通り(rue des Rosiers)に通じる小さな通りにあるマデヴァ(Madeva)は、天然の繊維で製造されたオリジナルあふれる、着心地の良い洋服を買い求める女性たちに人気のショップ。

ヴォージュ広場へと続くフラン・ブルジョワ通り(rue des Francs-Bourgeois)は、毎週日曜日には驚くほど多くの人出でにぎわいます。この通りに連なるサンドロ(Sandro)、コントワール・デ・コトニエ(Comptoire des Cotonnier)、オトゥール・デュ・モンド(Autour du Monde)、マリテ&フランソワ・ジルボー(Marithé&François GIRBAUD)、そして有名なスタイリストやデザイナーの洋服をセレクトし紹介するエクレルール(L’Éclaireur)といったファッション・ブランドのブティックをお目当てにやって来る人たちにとって、まさに“買い物天国”となっているんです。 

ヴォージュ広場のすぐ近く、アルジャントリー・ダンタン(Argenterie d’Antan)はテーブル・アートのモダンでスタイリッシュなブティック。クリストフル(Christofle)やピュィフォルカ(Puiforcat)といった老舗ブランドの銀食器や銀製品の豊富な品揃えに、パリ滞在の記念にふさわしい思い出の品がきっと見つかることでしょう。 

 

ベルシー地区:クールサンテミリオン

かつて世界一大産地のワインを貯蔵、保管していた倉庫街で、パリの中でもまた一味違ったスポット。昔の雰囲気がそのまま残る石畳の上には石、木、レンガ造りのかつての酒倉の建物を利用して約20店舗のブティックやテラス付きのレストランが建ち並び、また映画館も充実していて年中無休で楽しめるのが魅力です。また、ベルシーには大きなシネマコンプレックスも登場し、日曜日は賑わっています。

ワイン好きの人は、クール・サン・テミリオン(Cours Saint-Emilion)にある42の酒倉の一つを改装してできたワイン専門店、ニコラ(Nicolasに立ち寄ってみるのも良いでしょう。有名な銘柄ワインやワイン関連のグッズの品揃えが豊富で食事もできますよ。

 

ヴィアデュック・デ・ザール(Viaduc des Arts)

12区でかつての鉄道高架を利用したショッピング街。デザイン家具やインテリア用品が並ぶお洒落な街並みになっている。

 

サンマルタン運河沿い

季節を選ばず散策にも便利なサンマルタン運河(canal Saint-Martin) 周辺は話題の「北マレ地区」でもあり、休日を楽しむ人々に向けたお洒落なブティックがいくつか開いています。  Antoine & Lili, Quai 71, Artazart, American Apparel, Claudie Pierlot, Agnès B など

 

デファンス地区

地下鉄1番線の西のはずれ、ビジネス街であるデファンス地区も日曜日のショッピングには便利です。11時から19時まで、大型店舗を中心に買い物を楽しめます。Gap, Mango, Celio, H&M, Zara Home, Apple Store, Comptoir des Cotonniers, Sephora, YellowKorner… 周辺にはHabitat, Monoprix, Marionnaudなども。

見どころ

見どころ