飲食店の種類

  • © Atout France

飲食店の種類 パリ fr

フランス旅行中に利用したい飲食店の種類

レストラン :せっかくフランスに行ったら是非美味しいフランス料理を堪能したい、という人も多いでしょう。レストランは無数にあるのでどれを選ぶかは旅を左右する非常に重要な点ですが、フランスの有名なレストランガイド「ミシュランガイド」ではレストランに1ッ星から3ッ星の格付けをしているので参考にしてみては。

カフェ :フランスの町の風物の筆頭にあげられのがカフェ。思い立ったらすぐに座れる気軽さが観光に疲れた観光客を癒してくれます。エスプレッソはもちろん、ビールやワインなどのアルコールや、時間に関係なくサンドイッチ、オムレツなどの軽食をとることができ大変便利です。

サロン・ド・テ :ティーサロン。お茶と菓子を楽しむ人々でゆっくりとした時間が流れる空間。

ブラッスリー :レストランとカフェの中間的な存在。もともとはビヤホールのことで、ビールの生産が盛んなアルザス地方の料理であるシュークルート(白ワインでキャベツを煮たもの、ソーセージなどの付け合せと一緒に食べる)や、カキなどのシーフードを出す店が多いようです。

ビストロ :語源は諸説ありますが、カフェも経営するワイン販売店、という説が有力のようで、その語源のとおり比較的気楽に入れるレストランといった感じのところが多いようです。

見どころ

見どころ