ブルターニュ地方の音楽フェスティバル「ヴィエイユ・シャルー」

ブルターニュ地方の音楽フェスティバル「ヴィエイユ・シャルー」 Carhaix fr

【企画概要】
・このフェスティバルを切り口に、フランス西部の魅力を開拓する
・シニア向け提案が多い中で、若年層を刺激する素材として活用する。(富士ロックフェスティバルの海外版のようなイメージ)



【内容】
フランスに突き出たブルターニュ半島はフランスの中でも異国情緒を感じられる個性的な地方として親しまれています。ヨーロッパにはかつてケルト人が暮らしており、徐々にローマ人に土地を占領されて西へ追いやられていきました。そしてヨーロッパ大陸の中で最後まで暮らしていたこの土地には彼らの伝説や文化が今も息づいています。


ブルターニュの音楽祭と言うと、世界遺産にも登録されている伝統ダンスパーティの「フェスト・ノーズ」が知られていますが、今回は若者に人気のミュージック・フェスティバル「ヴィエイユ・シャルー」をご紹介致します。
 
お祭りの舞台となるのはこの地方のほぼ中央に位置するCarhaix(カレー)という町です。
毎年7月の4日間に渡り行われ、24万人を動員するフランス最大級の音楽フェスティバルです。
若者が中心となり人気を博しているイベントですが、その歴史は古く、20年以上前から続いています。
最初は地元の若者たちの仲間内ではじめられたイベントでしたが、地元の文化に活気を与えたいと言う町のバックアップにも支えられ、フランスだけでなく、世界的なイベントへと成長しました。
これまでにはボブ・ディラン、ディープ・パープル、スティングなどの一流ミュージシャンも参加しています。来年はアジアからは中国の歌手が招かれています。
そんな「ヴィエイユ・シャルー」、今年は7月17日(木)~20日(日)の4日間で行われます。
そして今年は、7月18日(金)にエルトン・ジョンの参加も決まっています。
開催時間は16:30~01:30です。
今年は総勢75組のミュージシャンの参加が予定されています。


【入場料】
1日券:木曜日は51€、金から日曜日は41€
3日券(金土日):106€
4日券(木~日):155€


組み合わせができる近隣観光地としては以下2つが挙げられます。
・カンペール:旧市街には中世からの木組みの家が並ぶケルト文化を色濃く残した町
・ロクロナン:フランスの美しい村のひとつでカンペールの北約15㎞に位置する。石造りの街並みと教会が特徴的。また、毎年7月の第二日曜日にはパルドン祭(Troménie)が行われることでも有名な村。2014年は7月13日(日)に行われます。
※パルドン祭とは、ブルターニュに伝わるカトリックの儀式で、5世紀にこの地にキリスト教を伝えた聖ロナンを讃え、12kmの巡礼行進をブルターニュの民族衣装を着て行うもの


【ポイント】
・ターゲットは、既にパリには行ったことがある音楽好きな若年層
・モン・サン・ミッシェルとの組み合わせも可能