パリのヴィンテージ、アウトレット

パリのヴィンテージ、アウトレット パリ fr

ヴィンテージの流行

パリではヴィンテージの流行が続いています。セカンドハンドの衣類やアクセサリーを扱う古着店は宝の山です。

カトリックの救済(Secours Catholique 貧困の改善などを目的に設立された団体)が2012 年にマレ地区にブティック・ソリデールBoutique Solidaireを開き、寄付された衣類を再活用しています。エマウス会association Emmaus はパリに7 軒の古着店を開いていますが、もっとも規模の大きい店舗は シャロンヌ通りにあります。エチエンヌ−マルセルのキリワッチKiliwatch は、パリで最も有名な古着店のひとつ。その近くにあるエピゾードEpisode では、1960-1970 年代のレザーバッグ、アクセサリー、ジャケット、ワンピースなど多岐にわたる商品が魅力です。

マレにはほかにFree 'P' Star、Noir Kennedy、Hippy Market もあります。高級品なら、MB Select が有名ブランドのバッグ、シューズ、衣類を扱っています。16 区のレシプロックReciproque は、高級ブランドのリサイクルショップです。

ビュット・モンマルトル にはChine Machine、Mamie、Mamie Blue といった小さなショップがあります。


アウトレット(Stock)

有名ブランドの商品を安く手に入れたければ、アウトレットショップへ。ブランドマークをはずした過剰在庫や売れ残り商品がお手頃価格で販売されています。ソニア・リキエルSonia RykielマージュMaje はシーズン落ち商品を販売するための自社ショップを開きました。ラビユールL'Habilleur のように、アウトレット専門のマルチブランドショップもあります。

パリの周辺にはアウトレット商品をあつかう大規模店舗が数多くあります。ケ・デ・マルクQuai des Marquesラ・ヴァレ・ヴィラージュLa Vallee Villageでは約10 のブランド店が大幅な値引きを実施しています。

見どころ

見どころ