料理における革新とトレンド

  • Food Truck à Paris - Le Camion qui fume

    Food Truck à Paris - Le Camion qui fume

    © Le camion qui fume - M-l Atelier

  • Burger revisité

    Burger revisité

    © Le Camion qui fume

  • Stands de produits bio - Halles couvertes de Dijon

    Stands de produits bio - Halles couvertes de Dijon

    © Atout France/Franck Charel

  • Panier de légumes frais bios

    Panier de légumes frais bios

    © Atout France/Phovoir

  • Burger revisité

    Burger revisité

    © Le Camion qui fume

料理における革新とトレンド France fr

美食の新しいトレンド

シェフたちの創造、新しい料理法、世界感、保存法の発達…フランスの美食文化は絶え間なく変化しています。

 

フードトラックFood truckの流行 

「フードトラック」はニューヨークが発祥で、速く、質のいいレストランをコンセプトにしています。街中を移動するトラックで、料理人は大衆の期待に応える簡単な食事を提供します。

フードトラックでは何を食べられますか?

パリのカミョン・キ・フュム(Camion qui fume)では美味しいハンバーガー、オランジュのスシジュ(Sushiju)では寿司が、トゥールーズのファム・デュ・ルー(Faim de Lou)では伝統料理を持ち帰りで食べられます。

 

色と味に富んだ、融合料理

フュージョンフード(fusion food)は、70年代にオーストラリアとアメリカで生まれました。この多文化料理は、異なる国の味の混合でできています。ヨーロッパ料理にアジアの要素を取り入れ、生姜味のリゾットを、逆に生春巻きにヤギのチーズや蜂蜜を入れて作ることができます。

どこでその料理は食べられますか?

パリのル・ムード(Le Mood)やル・コントワール・ニッポン(Le Comptoir nippon)、エクス・アン・プロヴァンスのフュージョン(Fuzion)などです。

 

新しく生まれ変わった、昔ながらの料理

何人ものシェフが、古くからの伝統的なレシピをすべてが現在の手法、特に素早い作業技術に対応するように、新しく生まれ変わらせました。

どこでその生まれ変わった伝統料理を食べられますか?

パリにあるラ・シガール・レカミエール(la Cigale Récamier)では、様々なやり方で生まれ変わったチーズスフレを。パスカード(Pascade)では、アヴェロン地方のクレープを、ヴァル・トランスにあるレストラン、ラ・レトリー(La Laiterie)ではサヴォワ風のフォンデュを楽しむことができます。

 

ビオ料理と地方料理を食べる

ビオ料理は、フランスの美食に広がっています。住居から250キロ以下にある棚田で作られた、季節の食材(時々ビオ食材)をベースにした地方料理に加えられています。パリ近郊では、『ここで作られたものは、ここで料理する』(Des produits d’ici, cuisinés ici)でラべリングし、地方で作られたものを使ったレストランを区別しています。

どこで地方料理が食べられますか?

パリのテロワール・パリジャン(Terroir Parisien) « Des
produits d’ici, cuisinés ici »
のラベルが付いたレピ・デュパン(L’Epi Dupin)、モンペリエのシャポー・ルージュ(Chapeau
Rouge)
です。

見どころ