フランス史の記憶を辿る旅

  • Croix de Lorraine

    Croix de Lorraine

    © Atout France/R−Cast

  • Flamme du souvenir, tombe du soldat inconnu

    Flamme du souvenir, tombe du soldat inconnu

    © Atout France/Franck Charel

  • Mémorial de Caen

    Mémorial de Caen

    © Atout France/CDT Calvados

フランス史の記憶を辿る旅

今日のフランスでは、過去の数々の戦闘の歴史が比類のない貴重な遺産となっています。軍人墓地、記念碑、戦跡、そして博物館といった様々なものを見学することは、共通の歴史の記憶に敬意を表することでもあるのです。

パリでは

パリでフランスの歴史の記憶を辿ることができ、最も多くの人が訪れている場所は、なんといっても凱旋門Arc de Triompheでしょう。ここには無名戦士の墓があり、その炎は毎日午後6時30分に点火され、戦死した全ての兵士達に敬意を表しています。凱旋門最上部のテラスからは1日中、シャンゼリゼのすばらしいパノラマを堪能することができます.

他方、軍事博物館 musée de l’Arméeアンヴァリッド(廃兵院)hôtel national des Invalides の建物の中にあり、ルイ14世下の王の部隊、ナポレオン1世下の近衛隊、そしてシャルル・ド・ゴール大統領共和制下の現代の部隊、とフランス史を大きく3つの時代に分け、それぞれ年代別に紹介しています。

セーヌ左岸のパンテオン le Panthéon には、フランス国家に貢献した歴史上の偉大な人物達が葬られており、ヴィクトル・ユーゴー、ヴォルテール、ルソー、ゾラ、ピエール&マリー・キュリー夫妻が永遠の眠りについています。

 

地方では

 

ナントでは、17世紀から19世紀にかけて、アフリカ大陸とアンティーュ諸島を結ぶ三角貿易の船舶が出航したフォスの埠頭quai de la Fosseを訪れてみてください。現在この場所は、奴隷廃止記念博物館となっています。

ノルマンディー地方ではカンの平和記念館 Mémorial de Caenが、ヨーロッパのメモリアル・センターの中で最も主要な博物館の一つとなっていますし、またこの地方の都市、バイユーのタピストリーtapisserie de Bayeuxは、ユネスコの« 世界記憶遺産 »に登録されています。

フランス東部では、ブザンソン市内の城砦の中にレジスタンス・強制収容博物館 Musée de la Résistance et de la Déportation があります。ここはかつて、第二次世界大戦中のドイツによるフランス占領期に、レジスタンス運動に参加した100人の活動家が処刑された場所です。

その他、20世紀の歴史において是非とも訪れていただきたい場所が、オート・マルヌHaute-Marne 県に建設されたシャルル・ド・ゴール記念館Mémorial Charles de Gaulleです。巨大なロレーヌ十字の十字架が建つふもとから500mの所には、ドゴール将軍のお墓と、彼が生前家族と住んでいた邸宅、ラ・ボワッスリーLa Boisserieがあります。

 

ポン・デュ・ガールの近くには、ガリーグ(地中海地方の石灰質の乾燥地帯)の歴史を辿る « ガリーグの記憶Mémoires de Garrigue » と呼ばれるコースが設けられており、地中海沿岸の歴史の移り変わりを、より深く理解できるでしょう。