アーティストを巡る: ヴェルサイユからル・アーヴルへ

  • © Christian-Milet-9943

    © Christian-Milet-9943

アーティストを巡る: ヴェルサイユからル・アーヴルへ ヴェルサイユ fr

ヴェルサイユからル・アーヴルまで。言い換えれば、国内で最も有名な城館から大西洋の玄関口まで。ルイ14世の壮麗な居城であるだけではなく、ヴェルサイユ宮殿は絶対王政の象徴。有史以来、最も豪華な宮殿は訪れるどなたの心も掴むでしょう。ル・アーヴルでは、本場の海産料理に舌鼓を打ちましょう。国王の権力を体現したヴェルサイユ、かつての漁港町が近代的な町に生まれ変わったル・アーヴル。パリの市門からノルマンディーの断崖まで、セーヌの流れに沿って進める旅は忘れられない散策となるでしょう。

 

ヴェルサイユ 

ルイ14世からルイ16世の時代まで、国王の居城として使用されたヴェルサイユ宮殿は、絶対王政の象徴であり、往時の繁栄を偲ぶには見逃せない場所です。17世紀、当時最高の職人を招いて、宮殿と、フランス式庭園の最高傑作とも言われる庭園が完成しました。庭園内部にはグラン・トリアノン、プチ・トリアノンのふたつの離宮があります。プチ・トリアノンと、その奥にある村里を見学すれば、18世紀にマリー・アントワネットが子供たちと農村生活を楽しんだ牧歌的な雰囲気を味わうことができます。宮殿の向かい側には大厩舎があり、今日、馬術アカデミーがおかれ、アーティスティックな馬術ショーを上演するための訓練が行われています。

必ず訪れたい場所 

  • 王の菜園

17世紀後半、ルイ14世が宴に必要な食材のため、ジャン・バプティスト・ラ・キャンティニに依頼し、敷地内、シカ園の隣にある9ヘクタールの沼地に作らせた菜園。

  • 大噴水祭

フランス一美しい庭園を舞台に開催される音楽と噴水の共演。宮殿を取り巻く広大な庭園では毎年春から秋にかけ、水とクラシック音楽のスペクタクル「大噴水祭Les Grandes Eaux musicales」を実施しています

 

ル・アーヴル

歴史ある港町と、20世紀に再開発された町の、2つの顔を持つル・アーヴル。 今日も尚、常に変貌し続ける近代的でダイナミックな街にどなたも驚きを隠せないでしょう。ル・アーヴルで是非訪れたいのは、パリのオルセー美術館に次ぐ印象派のコレクションを誇るアンドレ・マルロー美術館。そして、1950年代当時の内装を保持したアパート「アパルトマン・テモワン」です。当時の暮らし方を一変させた家具が如何に新しかったかを理解できるでしょう。その後は港へ出て爽やかな浜風に吹かれましょう。ル・アーヴルの港には、全長2㎞に渡って遊歩道が整備されています。

必ず訪れたい場所 

  • ペレによる再建都市

第2次世界大戦で街の8割を破壊され壊滅的な被害を受けたル・アーヴルは、20世紀の偉大な建築家で「コンクリートの詩人」の異名もとるオーギュスト・ペレの設計により、個性的で斬新な近代的な街に生まれ変わりました。コンクリートを活かした建築群が評価され、2005年に欧州の近代都市として初めて、世界遺産に登録されています。

近郊の見どころ 

  • ノルマンディー地方に残る古い修道院街道

中世期の繁栄を今に物語る約30の古い修道院がノルマンディー地方を縫うように点在します。その延長上に有名なモン・サン・ミッシェル大修道院があり、旅人を魅了しています。

  • カンの平和祈念館

ノルマンディー上陸海岸から近いカンの町には、20世紀におこった人類史上最大の戦争と平和の歴史を紹介する平和記念博物館があります。「和解」の精神を重視した数々の展示活動、映像上映を行って、人々が平和の糸口を掴む力に繋げています。

 

印象派発祥の地

 ル・アーヴルのアンドレ・マルロー美術館は、パリのオルセー美術館に次ぐ豊富な印象派のコレクションを所蔵します。美術館の前にある旧港で、画家モネは名画「印象・日の出」を描き、この作品が「印象派」という呼び名の元になったことはよく知られています。セーヌ河口の類まれない光を享受するル・アーヴルは「印象派発祥の地」として知られ、実際に、多くの印象派画画家がル・アーヴルの地で作品を制作しました。ノルマンディーでは、ブーダン、クールベ、スーラ、ピサロ、デュフィ、フリエスなど数々の巨匠が描いた景色も是非実際に訪れてみて下さい。名画の旅はヴェルサイユまで続きます。宮殿の室内装飾を手掛けたのは天才的画家シャルル・ル・ブラン。大使の階段、鏡の回廊、平和の間と戦争の間などに優れた壁画、天井画を残しました。  

 

イベント日程 

4月~10: ヴェルサイユ宮殿の庭園で大噴水ショー
8月~9: オルヌ県の9月音楽祭
10月~11: ノルマンディー秋の芸術祭

 

見逃せない観光施設 

  1. ヴェルサイユ宮殿
  2. ル・アーヴルのアンドレ・マルロー美術館
  3. モン・サンミッシェル大修道院、ノルマンディー地方に残る修道院街道
  4. カンの平和祈念館
  5. ノルマンディー上陸海岸
  6. カルージュ城
  7. サン・ヴァースト・ラ・ウーグ、タチウの見張りの塔群(ヴォーバン要塞)
  8. シャルトルのノートル・ダム大聖堂

見どころ

カレンダー

見どころ