3つの大海に浮かぶフランス海外領土

  • La Réunion

    La Réunion

    © IRT/Serge Gélabert

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

本土から4000㎞も離れた太平洋、大西洋、インド海には、いくつもの海外県があります。本土では得られない、並はずれた美しい自然を満喫しに出かけましょう。海外県には色々な人種が共存しており、訪れる人々を諸手を挙げて歓迎します。

うっそうと生い茂る緑、壮大なスケールのパノラマ、手つかずの森、雄大な山、滝、自然公園。自然が好きな方には気分転換になること間違いありません。まさに大自然に帰る癒しの旅があなたを待っています。 

さらさらの白い砂のビーチの前に広がるのはターコイズ色のラグーン。熱帯の楽園でのハネムーンを夢見る若いカップルは、海外県の魅力に一目惚れしてしまうことでしょう。

島でしか味わえないような現地の食生活や文化、お祭り、歴史ある伝統に触れるのも海外県の旅行の醍醐味、文化やグルメに興味がある方でも楽しめる要素がいっぱいです。

海外県ではまた、どなたにも楽しんで頂けるアクティビティーを沢山用意しています。あっと息をのむような雄大な自然の中にはトレッキング標識や航路標識が整備されています。保護された珍しい草花や動物、多種多様な海洋生物は、ハイキング、ダイビング、水上スポーツの愛好家にはたまらない自然の宝庫となっています。

大都会の喧騒から離れ、海外県への旅で完全な気分転換をしてみませんか?

冬が訪れ、寒さを感じ始めたら、海外県は絶好の旅行先。世界各地に散らばる海外県では、フランス本土と同じ権利や長所を享受できます。海外県に残る自然遺産、文化遺産は本土と同じ規制を受けて守られており、衛生面や公共の安全面でも管理が行き届いています。また、太平洋にある島々をのぞけば通貨も全く同じユーロが使われています。海外県では、島外からの観光客のために国際便も常時運航しており、空港設備も整っています。

海外にあるフランス‘国内’の町を数日間、もしくは数週間、旅してみませんか?

ご存知でしたか ?
フランスの海外領土はDROMの略名で呼ばれるフランス海外県(Dépertement et Région d'outre-mer)と、COMの略名で呼ばれる海外自治体 (Collectivités d'outre-mer)から成り立っています。海外県は、フランス本土の県と全く同じ地位で扱われ、本土の法律と政令が同様に適用されます。

- 大西洋にある海外県:
グアドループ諸島(Îles de Guadeloupe)、マルティニーク島(Martinique)、仏領ギアナ(Guyane)、サン・マルタン島(Saint-Martin)、サン・バルテルミー島(Saint-Barthélemy)、サン・ピエール・エ・ミクロン島(Saint-Pierre-et-Miquelon
- インド海にある海外県:
レユニオン島(La Réunion)、マイヨット島(Mayotte)、フランス領南方・南極地域(TAFF
- 太平洋にある海外県:
仏領ポリネシア(Polynésie française)、ニューカレドニア(Nouvelle-Calédonie)、 Wallis-et-Futuna

Related videos

 
 

Sponsored videos