各地方の自然公園

  • © ATOUT FRANCE/Pascal Gréboval

各地方の自然公園 75000 Paris fr

フランスには全部で45の地方自然公園があり、フランス総面積の13、3,706の市町村、700万ヘクタール以上の広さに300万人を超す人々が住んでいます。

地方公園開発プロジェクトは、自然、文化、人間が持つ遺産を保存することにベースをおいています。

地方自然公園Parc naturel régionalは、人の住む農村地帯で、繊細でありながらそこに広がる非常に価値の高い遺産と素晴らしい風景が国家規模で認められる場所を指します。そしてその遺産価値を保護することを目的として、持続可能な開発に基づいたプロジェクトによって定められるものです。土地開発保護のプロジェクトは、国と地方自治体によって定められた憲章によって具体的に決定されます。 

政令が定める地方自然公園の役割は、遺産の保護とその管理、そして国土整備のみならず、その土地に暮らす人々の生活環境を保障するための経済的、また社会的な発展にも及びます。また地方自然公園は、自然と人々との橋渡しをし、環境問題に対する人々の意識を高める教育的役割も担っています。さらに新しい方法論や活動法を試してみることで、様々な研究プログラムにも貢献しています。

地方自然公園一帯の管理は、以下3つの項目をベースとしています。

①1年間有効(更新可)の憲章に沿った土地の有効活用

②国と地方の権限を分担

③情報、指導、注意喚起によって、強制ではなく自ら納得して行動を改めてもらうことを目標とする

詳細情報

見どころ

見どころ