ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランス

講談社現代新書「ツール・ド・フランス」が6月18日に発売される。2013年で100回目の開催となった世界最大の自転車レースの魅力を、四半世紀に及ぶ取材歴を有する日本人ジャーナリスト、山口和幸が詳述する。819円。

 

同書は100回を数えるまで歴史を積み重ねてきたツール・ド・フランスのスポーツとしての魅力を、これまでの名勝負・名選手にまつわるエピソードから抽出したもの。同時に、歴史を育んできたフランス、ひいては欧州文化の土壌を紹介する。

近年、南半球や東欧の選手たちの躍進が目覚ましいなか、日本人選手の活躍も記憶に新しい。アームストロングのドーピングによる7連覇剥奪といった事件もあったが、新たな世紀に突入するツール・ド・フランスの魅力を一冊に。