リラクゼーションの新たな潮流

リラクゼーションの新たな潮流

新しいリラクゼーションの誕生

リラクゼーションの流れが変化した裏にはふたつの現象がみられます。

まずひとつめには、調和の取れた体と健康は、脳を通して得られるという考えが社会的に定着したことです。長い間、タラソテラピー(海洋療法)とテルマリズム(温泉療法)は、その効用を身体のうえにしか見出してきませんでした。つまり、痛みを和らげる以上のことは彼らの領域ではなかったのです。しかし現在では、人間の精神的な面を考慮しつつ、身体の完全な調和をもたらすという新しい考えに基くトリートメントが至る所で始められています。  

もうひとつの背景には、ここ数年のスパ・ブームがあります。このスパという言葉、もとはラテン語で「水から得られる健康」という意味を持つ「sanitas per aquam」に由来しており、今日のスパの流行はセレブたちの間から広まりました。スパはもともとタラソセンターとエステサロンの接点にあったところに、さらにゴージャスな雰囲気が加わりました。多彩な施術法はしまいに、リラクゼーションの第一人者たちをも虜にしました。専門家たちは控えめながらも想像性豊かな表現、つまり「エキゾチック・トリートメント」という名前でこの新しい施術法を呼ぶことにしたのです。 

五感を解放する旅へ 

伝統的なトリートメント(入浴、気泡風呂、海草パック、ジェット・シャワーなど)とは別に、新しいトリートメントにはエネルギー(気)の通り道を整えながら体と心を落ち着かせる目的があります。再びマッサージが重視されるようになり、日本式、中国式、タイ式など自然と東洋から伝来した施術がなされるようになりました。  

 「エキゾチック・トリートメント」のミニガイド 

指圧・按摩:日本古式の伝統に由来する。シアツは手の指で力を加えること、アンマは手の指と手のひらで力を加えること。どちらも体に数百とあるツボを刺激しながらエネルギーの流れを整える。押すツボによって、体に刺激を与えるマッサージ、あるいはリラックスさせるマッサージとなる。とくに疲労、消化系の病気、腰痛、頭痛に効果的。 

ヌアッド・ボーランはタイの伝統に由来し、様々な効果がある。床の上で、着衣の状態で行なわれる。体に力をかけたり、伸ばしたり、やさしく関節を動かしたりする動作を、足先から頭までの一連のマッサージの中で繰り返し行なう。マッサージの強さと時間により、リラックス効果あるいは体を活性化させる効果が得られる。 

推拿は中国伝統医療の中心的療法のひとつ。じつに多数の動きがあり、そのひとつひとつが特定の効果に結び付いている。気の滞りを解消する動き、気の流れを活発にする動き、または上半身と下半身のバランスを整える動きがある。伝統では、健康と長寿の源として捉ええられる療法。  

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で「生命の知識」の意味。数千年も前に遡る知識体系で、インドでは誰もが実践している。この療法の基本は、人間の一固体を全体的に捉える見方にある。肉体、魂、精神は密接に結び付いており、病気はこれらの調和がうまく行っていないときに見られる徴候であると見る。アーユルヴェーダでもっとも有名な技術はアビヤンガであろう。オイルを使うこのマッサージは、撫でる施術である。体の上で手を滑らせながら、大きな動作で行ったり来たりし、円を描く動作を行う。体中を大きな波で包み込む感じで、今までにない深いリラックスが得られる。 

他にもあるリラクゼーション方法 

カリフォルニア式マッサージは、大きく流れるような連続した動きのマッサージで、芯まで体を和らげ癒します。エネルギーの流れを整え、体の内部へ深く訴えるマッサージです。 カリフォルニア式マッサージは、大きく流れるような連続した動きのマッサージで、芯まで体を和らげ癒します。エネルギーの流れを整え、体の内部へ深く訴えるマッサージです。ストレス解消と、自分の体の変化を実感するのに効果的です。 

ナヴァホ族インディアンに由来を持つ熱い石のマッサージ。熱くした砂利と冷たい砂利を体に交互に当てることで、鉱物のエネルギーを導き出し、体の毒素を排出させる。緊張を解くエッセンシャルオイルのマッサージ、驚くほどのリラクゼーションをもたらす霊薬など。さらに珍しいものでは、エネルギーの防御反応を活発にするファシアテラピーfasciatherapie、手を当てることが施療の基本となるレイキがある。 

フランスのあらゆるタラソ・スパセンターでは、これらの施療を全面的ないし部分的に行っています。施療の名称は時々見直されることがありますので、どうぞ各センターへ内容をお問合わせください。伝統的なスパ・タラソの技術を継承しながらも、新しい世代に踏み込む最新のリラクゼーションの形をぜひ体験してみませんか。