サン・ナゼール

サン・ナゼール Saint-Nazaire fr

大西洋沿岸の港町です。ロワール河の河口にあり、河沿いに50キロほど東に行ったペイ・ド・ラ・ロワール地方の首都ナントにとって、常に重要な経済的、政治的な拠点であった町でした。と言っても、19世紀までは寒村にすぎず、港湾都市として発展するようになったのは19世紀も後半になってからです。

造船の歴史を抜きにサン・ナゼールを語ることはできません。戦前に大きなドックが建設され豪華客船を造船していましたが、第2次世界大戦中に軍艦を造る造船所となります。その上、ドイツ軍に占拠され、造船所はドイツ軍の潜水艦U-ボートを造る工場になってしまいます。結局サン・ナゼールはドイツ軍による壊滅的な打撃を受け、多くのフランスの町にあるような中世からの街並みも残っていませんが、20隻もの潜水艦を停泊させることができたというこの巨大な潜水艦工場だけは残されました。90年代より改築され、今では文化施設など利用されています。

 現在はフランス第4の港として知られるサン・ナゼール。世界最大級の造船所があり、今はもちろん潜水艦ではなく、豪華クルーズ船が造船されています。エスカル・アトランティックEscal’Atlantiqueはサン・ナゼールで過去に造られてきた豪華客船(1927年に造られたイル・ド・フランス号、1935年のノルマンディー号、1962年のフランス号など)の歴史が振り返られるミュージアム。豪華客船の旅を追体験できます。ちなみにサン・ナゼールの造船所で造られた最大の客船は元世界最大の客船クイーン・メリー2号です。

港を俯瞰できるテラスでのんびりし、海風にあたっているだけで疲れが癒せそうなサン・ナゼールで、休日を過ごしてみては?