パリの地下鉄

  • © ATOUT FRANCE/Patrice Thébault

  • © ATOUT FRANCE/Patrice Thébault

パリの地下鉄 paris fr

路線図のリンクはこちら

 

パリのメトロは1番線~14番線

メトロの路線は数字で表され、1番から14番まで14路線が走っています。この路線番号と、どちら方面行きかを終着駅名で表します。例えば、① La Défense とあれば1番線のデファンス方面行き、という事です。

迷路のような地下鉄の駅も、この看板を追いかけて行けば正しいホームにたどり着けます。

 

乗車の際、もし自動でドアが開かなければ、扉のレバーやボタンを使って手動で開けます。メトロの中はスリが多いので常に注意すること。

 

出口は青い看板で「Sortie」の表記を追いかけて行けば外に出られます。

 

 

メトロ乗車券

入場時に自動改札に通します。出口での提示は求められませんが、たまにコントローラー(改札員)が見回っており、提示できないと罰金の対象になるので、チケットは改札を出るまで捨てない事。


地下鉄料金は利用駅間の距離ではなく、パリ中心部から同心円状に区分されたゾーン(Zone)によって決められています。パリ市内がZone1と2、近郊がZone3という具合。基本的な市内の移動であれば、Zone2のチケットでどこへでも行けます。シャルル・ド・ゴール空港はゾーン5。ゾーン区分の表はこちら

Billet: 一般的なチケット 

3歳以下の子供は無料、4歳から9歳は半額子供料金。 1時間半以内であれば、1枚のチケットでバスやRER、トラムにも乗換え可能。

チケット 1枚(一回使い切り)・・・・・1.80ユーロ
カルネ(10枚綴り 通常料金)・・・ 14.10ユーロ

チケット説明サイト http://www.ratp.fr/fr/ratp/c_21158/ticket-t/

 

モビリス MOBILIS: 一日乗り放題パス

 
パリ・ヴィジット PARIS VISITE: 旅行者用乗り放題パス。

有効期間・・・・・1日、2日、3日、5日 (購入した日ではなく、使った初日から数え始める)
有効区間・・・・・ゾーン1-3=パリ市内と近郊(ラ・デファンス、サン・ドニ等)
、ゾーン1-5=パリ市内と近郊(シャルル・ド・ゴール空港、オルリー空港、ヴェルサイユ等)

料金(ZONE1-3):1日11.15€、2日18.15€、3日24.80€、5日35.70€

公式サイト http://www.ratp.fr/fr/ratp/r_94834/paris-visite/

 

ナヴィゴ・デクヴェルト NAVIGO DECOUVERTE: 週間、月間のICカード式乗車パス

顔写真(25㎜×30㎜)+発行手数料(5ユーロ)が必要。

切符状のカルト・オランジュはなくなり、ナヴィゴ・デクヴェルトへ統一されました)

 


高速郊外地下鉄 RER

国鉄(SNCF)とパリ交通公団(RATP)が運営し、パリ市街と近郊地域を結んでいます。A線からE線の5路線があり、市内の主な駅は地下鉄との乗り換え駅に なっています。RERはパリ郊外(ヴェルサイユ、サン・ジェルマン・アン・レー、 ディズニーランド、シャルル・ド・ゴール空港など)へ行くための重要な足として、またパリ市内で大きく移動する際の地下鉄の快速として利用できます。例えば、A線であればデファンス、凱旋門、オペラ座、シャトレと一足飛びに移動が可能です。

パリ右岸を東西に走る赤いA線と、南北に走る青いB線にプラスして、主に左岸を走るC線など。ただし、近郊の行き先はかなり遠くまで伸びているうえに、途中で分岐しているので要注意。

C、 D、E線およびB線の北駅より北側の部分はSNCFが運営しているので、ユーレイルパスも使えます。運行時間は朝5時から深夜1時15分まで。切符はRERの各駅で購入します。パリ市内はメトロと同じ切符で均一料金ですが、郊外は行き先によって金額が違うので要注意。パリの中心から RERで郊外へ出る場合、メトロの切符でも乗れますが、あらかじめ乗車駅で行き先までの切符を買 わなくてはなりません。