フランスの住所表記 

  • © ATOUT FRANCE/Michel Angot

  • © TOUT FRANCE/Herv・Le Gac

フランスの住所表記  パリ fr

78. rue de Clichy, 75009, PARIS = クリッシー通り78番地 〒75009

フランスではすべての通りに名前がついていて、●●通りの●番地という言い方をします。

また、フランスの住所表記は 番地、通りの名前、郵便番号、市、国の順番となります。

例えば、78. rue de Clichy, 75009, PARIS であれば、パリ市クリッシー通り78番地 郵便番号75009 となります。 ちなみに、郵便番号が75から始まるのはパリの市番号、下2桁が区の番号で、75009であればパリ9区となります。

 

リンク:パリの20区 それぞれの区の特徴についてはこちら


通りの表記:
フランスではすべての道に名前がついているので、地図をもっていれば探すのは簡単。ただし、通りを示す言葉にいくつかの種類があります。

Rue (リュー): 普通の通り

Avenue (アヴニュー): 並木のある大通り

Boulevard (ブルヴァール): 幅の広い大通り。昔の城壁を外側に移した跡地に造られた

Place (プラス): 広場

Quai (ケ): 河岸。川沿いの通り

Impasse (アンパス): 行き止まりの袋小路

Passage (パッサージュ)、 Allee (アレ): 細い路地。車の通れない石畳の道

 

全ての通りの角には、通り名と番地の数字が書いたプレートが掲示してあり、建物の入り口には番地を表す数字が表示されています。
番地は道の左右で奇数と偶数に分かれています。

道に迷ったら自分が何通りの何番地に居るのかを確かめましょう。