気候

  • © atout-france

  • © atout-france

気候 パリ fr

春:冬から本格的に春になった感じがするのは復活祭の頃、4月です。ただし4月中でも毛糸類は必要。

夏:梅雨期はなく、空気は乾燥しており、6月でも曇った日など肌寒い程で、夏に旅行される方でも1枚位はセーターを持っていた方がいいでしょう。7、8月の日中はそれでも30度前後になります。

秋:9月に入るとすでに秋の気配です。雨は降る日が多くなります。夜は冷え込みます。

冬:11月には冬の感じがします。日が短くなり、日中も厚い雲におおわれた日が多くなります。東京よりも寒く、厚手のコートやセーターが重宝します。

 

天気予報は気象庁のホームページwww.meteo.fr で見られます (フランス語のみ)。

見どころ

見どころ