フランスでの宿泊

  • © atout-france

  • © atout-france

フランスでの宿泊

ホテルでの宿泊

旅行者がふつうに利用するホテル(フランス語の発音はオテル)は、規模や設備によって政府による格付けがおこなわれています。その等級は星の数で表示され、一ツ星から五ツ星まで5階級にわかれています。星の数が増えるほど高級ですが、といって、一ツ星なら程度が悪いかというと、そういうものでもなく、後でご説明するようにこの等級は規模の目安と考えてください。この等級は、入口にかならず表示れています。

ホテルの等級

ホテルでは、フロントの目につく場所に部屋の料金を、また部屋の中にはその部屋の料金を掲示することが義務づけられています。等級条件の概略は次のとおりです。

  • 一ツ星
    最低7室あること/湯と水が出ること(全室の25%の部屋に独立した洗面設備があること)/30人に一つのシャワーつき共同
    バスルームがあること/トイレのない部屋10室に一つの共同トイレ(ワンフロアに最低1ヵ所)があること、その他。
  • 二ツ星
    一ツ星の基準にプラスの次の条件を満たすこと。
    全室の40%がバスまたはシャワーつきであること/シャワーのない部屋の宿泊客20人に1ヵ所の共同バスまたはシャワーがあること/各フロアに電話ボックスが一つあること/4階建以上の場合、エレベーターがあること/従業員が外国語をひとつ話せること/客室内での朝食が可能なこと、その他。
  •  三ツ星
    部屋数が10以上あることと、一ツ星、二ツ星の基準のほかにプラス次の条件を満たすこと。
    全室に専用の洗面設備があること/70%の部屋がバスまたはトイレつきであること/50%の部屋に専用トイレがあること/全室に電話があること/3階建以上の場合、エレベーターがあること/従業員がフランス語以外の言葉を二つ話せること、その他。
  • 四ツ星
    一ツ星~三ツ星の基準のほかにさらに次の条件を満たしていること。
    90%の部屋にバスまたはシャワーがあること/90%の部屋に専用トイレがあること/2階建以上の場合エレベーターがあること/レストランがあること、その他。
  • 五ツ星
    一ツ星~四ツ星の基準に加えて次の条件を満たすこと。
    全室がバスつき/サロンにつくりかえられる寝室1~2室を有するスイートルームがあること、その他。
  • パラス(PALACE):2010年11月創設されたフランスのホテルで最高級の格付け。すでに5ツ星を獲得しているほか、設備、サービス、営業年数など客観的基準について複数の審査が行われる。

以上でおわかりのように、星の差はホテルの規模と設備の違いです。また、同じ等級でもホテルによって差があり、パリと地方とでも違いがあります。荷物を運ぶポーターやドアマンがいるのは四ツ星以上で、三ツ星以下では鍵を預かりスーツケースは自分で部屋へ持って行くのがふつうです。
なお、いままでの説明にでてきたフランス政府認定の星の格付けとミシュラン・ガイドがレストランにつける星の数とはなんの関係もありません。

ホテルの探し方

1)情報収集

  1. 市販のガイドブックで選ぶ。
  2. フランス全土のホテルリストを網羅したホームページで検索 http://www.hotel-france.com
  3. そのほか最近はインターネット上の情報が充実しています。

2)予約方法

  1. 旅行会社に手配を依頼。
    この場合、三ツ星以上になります。
  2. いくつかのホテル・チェーンは日本に予約事務所があります。
  3. インターネットの予約サイトから申し込む。
  4. 自分で、直接ホテルに電話、ファックス、メールで連絡をとる。
    宛名をホテルのディレクターM.le Directeur、または予約係Service de Reeservation にして、宿泊希望日、人数、姓名、到着予定時刻、こちらのfax 番号やメールアドレスなどの連絡先、支払い方法(旅行小切手、現金、カードの別。カードの場合は、カード名と番号、有効期限を明示)を伝える。二ツ星以上ならほとんど英語で大丈夫です。返事をよこさないホテルもありますので、再確認してかならず承諾の返事をもらい、その返事を宿泊の際に持参しましょう。
  5. 空港のホテル・インフォメーションや現地の観光案内所(office de Tourisme/Syndicat d'lnitiative/Accueil France と場所によって表現が違います)に相談する。
    予算と希望地区を言えば手配してくれます(手数料が若干かかります)。
  6. ホテルに直接入って行ってその場で申し込む。
    部屋を見せてもらい、気に入らなかったら止めても問題ありません。

予約と利用上の注意

  • フランス到着の夜のホテルの予約は、できれば日本でしておきましょう。
  • 予約があって到着時刻を告げていない場合、夜8時頃までに到着しないと予約が取り消されることがありますから、遅くなるときは電話連絡をとりましょう。観光案内所などで紹介してもらうとき、到着予定時刻をきかれるのはそのためです。
  • 早朝出発の場合は、前の晩に精算をすませておきましょう。
  • 三ツ星クラス以下のホテルでは、エレベーターascenseur(アサンスール)を出たら廊下が真暗、ということがあります。あわてないで周囲を見れば、ホタルの光のようなスイッチが壁にありますからそれを押せば電気がつきます。ミニュトリminuterie という装置で、一定時間たつと自動的に電気は消えます。
  • 深夜に帰った時は、表玄関が開かないことがあります。部屋の鍵であける方式のホテル(チェックインの時その旨説明してくれます)と、壁ぎわのボタンを押すと当直かガードマンが出てきて開けてくれるホテルとがあります。

料金体系

部屋代は部屋単位で決まり、例えばツインで1泊120 という場合は、ひとり60 となります。ふたり部屋をひとりで使用する場合は若干安めとなります。また、フランスでは朝食料金は宿泊料金に含まれていないのが原則ですが、朝食・夕食付きや、3食付きで表紙されている場合もあります。

ホテルでの食事

  • 朝食 原則としてコンチネンタル・スタイルです。コーヒー、紅茶など飲み物にパン、が基本。地方などにはバイキング式のホテルなどもあり、玉子やハムが用意されていることもありますが、一般的ではありません。
  • 夕食 朝食用の食堂しかないことが多いです。ホテルにレストランが併設されていれば、市内のレストランが休みがちの日曜・祭日なども開いていますので便利です。

プチ・ホテル

日本でよく使われる言葉ですが、実際にはこのような名称のクラスのホテルはありません。こぢんまりとしてしゃれたホテルのことをいっているようです。

コンドミニアム・タイプ

レジデンスResidence といい、長期滞在に便利。
フランス・レジデンス協会 Syndicat National des Reesidences de Tourisme  http://snrt.fr/

貸別荘

ジット・リュラルgite rural といって、1週間単位(土・日曜だけの場合もある)で借りる農家の別棟のような貸別荘があります。自炊設備やシャワー、風呂など基本的な生活設備が整っています。各地の観光案内所で紹介してもらうほか、次のところに照会してください。
フランス・ジット協会 Gites de France
TEL* 01 49 70 75 75 http://www.gites-de-france.com

ペンション/民宿

シャンブル・ドートchambre d'hote といいます。中世の館や城、大きな農家や民家の一室を借りるもので、朝食付きが基本です。民宿の多くは地方の市町村、それも田園地帯にあり、自動車利用の人におすすめ。連絡先は上記ジット協会です。

その他、家庭的なおもてなしをモットーに1949年に設立され、フランス以外もヨーロッパ6カ国(イタリア・ドイツ・リュクセンブルグ・ベルギー・スペイン・オランダ)に展開するロジホテルズというチェーンがあります。
ロジホテルズ Logishotels
http://www.logishotels.com
TEL: 33(0)1 45 84 83 84

そのほか各地の観光局でも相談に応じてくれます。

ユースホステルAuberge de Jeunesse 及びB&B

フランス各地にあります。所在地、連絡先その他の詳細は、下記へ。

このほかに料金も食事も安い宿泊センターがあります。

  • Ethic Etapes
    27, rue de Turbigo 75002 PARIS
    TEL:01.40.26.57.64  FAX:01.40.26.58.20
    www.ethic-etapes.com/
  • Centre International de Sejour de Paris Maurice Ravel
    6, avenue Maurice Ravel 75012 PARIS
    TEL:01.44.75.60.00  FAX : 01.43.44.45.30
    予約TEL: 01.43.58.96.00
    www.cisp.fr
  • Centre International de Sejour de Paris KELLERMANN
    17 boulevard Kellermann 75013 PARIS
    TEL: 01.44.16.37.38 FAX: 01.44.16.37.39
    予約TEL: 01.43.58.96.00
    www.cisp.asso.fr
  • FIAP Jean Monnet  
    30 rue Cabanis 75014 PARIS
    TEL: 01 43 13 17 17  FAX: 01 45 81 63 91
    www.fiap.asso.fr

ホームステイ


古城ホテル Chateau-Hotel

旧貴族の館や古い城を改造したもの、広い庭や森にかこまれた優雅なものなどフランスには数多くの古城ホテルがあります。自動車利用で行かれる人に特におすすめします。日本からも予約ができます。