アキテーヌの宝~グルメ&フランスの美しい村に登録された場所~との出会い

アキテーヌの宝~グルメ&フランスの美しい村に登録された場所~との出会い

アキテーヌの宝庫~グルメとフランスの美しい村々

★ペリグーの料理教室「イニシャルズ・シェフ」★ペリゴールからバスクまで、アキテーヌ地域圏には素晴らしい史跡の残る村がたくさん点在します。それらの村は「歴史とアートの町」や「フランスの美しい村」に指定されており、どこも立ち寄る価値がある場所です。ドルドーニュ県の県庁所在地ペリグーは、今から2000年前に誕生した都市で、古代ローマ時代よりペリゴール地方の中心地として栄えてきました。今日、歴史とアートの町に指定されていますが、ペリグーを有名にしているのは、その建築遺産と美食文化にあると言えます。冬に毎週、開催されるフォワグラ市や黒トリュフ市はペリグーの風物詩となっており、数世紀に渡って続く美食文化を今も大事に受け継ぐ町だということがおわかりになるでしょう。ペリグーでは、名シェフのもとで実際に料理を作ってみるアトリエも開催されています。アラン・デュカスに師事したこともあるシェフ、ニコラ・ラムステ Nicolas Lamstaesが開催する料理教室「イニシャルズ・シェフ」は全ての方々に開かれた料理教室です。大人用のコース、子供用のコースとあり、調理の基本や小さなコツについて指導を受ける、終了後には参加者全員で試食をします。初心者でも簡単に料理の楽しみに触れることができる内容となっています。

昼・夜のコースがあり、お菓子講座、もしくは南西部の伝統料理講座など、さまざまなテーマをご用意しています。グループ参加も可能です(最大定員15名まで)。さぁ、あなたも是非、チャレンジしてみませんか。

◆詳細・お問い合わせイニシャルズ・シェフInitial's Chefhttp://initialschef.comE-mail: contact@initialschef.com

★ペリグーPerigueuxで訪れたい場所★ 円形劇場(1世紀)、古代ローマの城壁(3世紀)、ヴェゾーヌ塔、シテ教会(11世紀)、バリエール城(12~16世紀)、サン=フロン大聖堂とその回廊(12世紀)、ルネッサンス期の貴族の邸宅&中庭&プライベート階段、ペリゴール博物館 http://www.ville-perigueux.fr*( )内は建立された時期)

ドルドーニュ河を見下ろすように佇むカステルノー城で知られる情緒ある村カステルノー=ラ=シャペルCastelnaud-la-Chapelle。昨年10月9日、同村が「フランスの美しい村」に認定され、アキテーヌ地方に既存する14の「美しい村」に加わりました。*フランスの美しい村として認定される条件人口が2000人未満であること、2か所以上の保護遺産か遺跡があることなど。 ドルドーニュ河とセウ河の合流点からカステルノー村を見上げれば、切り立った崖上に山道や村が残る非常に美しい風景を楽しむことができます。http://www.castelnaud.com/fr/現地観光局のサイトはこちらからどうぞ。

中世期の城塞カステルノー城の近くには、歌手ジョゼフィン・ベーカーの所有していた古城、ミランド城もあります。世界中の施設から人種の異なる13人の孤児を引き取ったことでも知られる彼女は、虹色のような家族を夢見てこの古城で暮らしました。養子の中には、ベーカーが1954年コンサート・ツアーの際に訪れた日本の施設で引き取ったアキオ氏とテヌヤ氏(その後、ジャノの愛称で親しまれるようになる)もいます。 http://www.milandes.com/