町中が劇場!演劇祭で賑わうアヴィニョンを楽しむ

  • © Atout France

町中が劇場!演劇祭で賑わうアヴィニョンを楽しむ アヴィニョン fr

アヴィニョン演劇祭は、夏のバカンスで特に人気のプロヴァンス地方にある町、アヴィニョンで毎年7月の3週間にわたって開催される夏の風物詩です。1947年より続く最も歴史のある演劇祭で、公式に招待を受けた演者が法王庁の前庭を中心行う「フェスティバル・イン」と市内、郊外などで行われる自主公演「フェスティバル・オフ」ならなり、演劇、バレエ、ミュージカル、映画、コンサート、サーカス、大道芸など幅広い分野にわたるスペクタクルイベントです。

「フェスティバル・オフ」は、自由に宣伝を行うことができるので、町にはポスターが貼りめぐらされ、通りでは楽団が奏でる楽しい音楽、歌に踊り、大道芸などが繰り広げられ至るところに人垣がみられ、町全体がつかの間の劇場に変身。


会期中はアヴィニョンの人口(約9万人)に匹敵する演者、観客が国内外から集まり大いに賑わい、アヴィニョンおよび周辺のホテルやレジデンスなど宿泊施設は手配が難しいため倦厭されがちですが、この時期は特にアヴィニョンに立ち寄られることをお勧めします。実際に劇場に行かなくても町に一歩踏み込めば一瞬で飲み込まれる町の興奮に感動を覚えることでしょう。普段と違うアヴィニョンの心がワクワクする雰囲気を体験するためにわざわざこの時期に行く価値は大いにあります!
  



見どころ

見どころ