コート・ダジュールでショッピングを楽しむ!

コート・ダジュールでショッピングを楽しむ! Domaine du Camp de Tende 06740 Châteauneuf-Grasse fr

パリやミラノやニューヨークだけが、ファッションの都ではありません。コート・ダジュールでは流行のファッションやオートクチュール、インテリアなど、ショッピングの楽しみが充実しています。



◆カンヌ Cannes


カンヌのクロワゼット大通りには、エスカーダ、バランシアガ、ヴァレンチノなどあらゆる一流ブランド店が軒を並べています。このカンヌのメインストリートは、ニューヨークの5番街やパリのモンテーニュ通りと肩を並べる豪華なショッピング・ストリート。毎年1月に開かれるカンヌ・ショッピング・フェスティバルは、ファッションとクリエーターたちに捧げられた様々なショーやイベントが目白押しです。



◆ニース Nice


ニースも負けてはいません。パラディ通りとスエード大通り、ヴェルダン大通りは、まさにショッピング天国、黄金のトライアングルと言えるでしょう。
ニース・エトワール・ショッピングセンターwww.niceetoile.com は100軒以#mce_temp_url#上のショップが集まるショッピングセンター。このセンターのある通りジャン・メドサン大通りやアスフォンス・カー通りも、ブラブラ歩き、ショッピングを楽しむには最適な通り。創造性豊かな品々を見つけることができるでしょう。
多くの高級ブランドがニースで生まれました。例えば有名なシャツ・ブランドのファッソナブルは、50年代にニースで創業し、今や世界中に店舗を持っています。シャコックwww.chacok.com も、ニース生まれの有名ブランドの一つ。
もちろん、ニースやカンヌでも、ギャラリー・ラファイエット百貨店 www.galerieslafayette.com のような有名百貨店での買い物も楽しめます。



◆サン・ローラン・デュ・ヴァール Saint Laurent du Var


サン・ローラン・デュ・ヴァールにあるキャップ・ショッピング・センターwww.cap3000.com が始めた新しいサービスがおしゃれ好き人間から注目!自分のお気に入りのブランドや好みを伝えておくと、パーソナル・ショッパーが、お気に入りのブランド店で最適の品を選んでおいてくれるのです。自分はVIPサロンでゆったりとシャンペンを味わっているだけ。女性なら一度は、こんな優雅な空間で、映画「プリティー・ウーマン」の主人公気分を味わってみたいものですね!



◆ジュアン・レ・パン Juan-les-Pins


ジャズ・フェスティバルで知られるジュアン・レ・パンは、毎年夏、流行に敏感なおしゃれな人々が集まってくることでも知られるリゾート。洗練されたブティックで、お洒落の夢をかなえましょう。



◆インテリア


コート・ダジュールの小さな町や村には、ちょっとした宝物が隠されています。多くのクリエイターやデザイナーたちが、コート・ダジュールのこじんまりとした町や村で創作活動を行っているからです。
例えば、コル・シュル・ルーのジャクリーヌ・モラビトは、家具やアクセサリーや置物のクリエイターで、イヴ・クライン通り42番地にショールームを持っています。本物の素材とモダンなフォルムが特徴です。www.jacquelinemorabito.com

インテリアなら、才能豊かな若きデザイナーのステファニー・マランのショールームがニースにあります。ニースの海岸の石ころを模したクッションのリヴィングストーンは有名です。
流行を取り入れたオリジナルなインテリアのプレゼントなら、グラースにフラゴナールwww.fragonard.com のブティックがあります。アンチークなアクセサリーの複製から刺繍を施したハウス・リネン、プロヴァンス風のガラスや籐製品など、フラゴナールのエスプリが、香水と家庭用品を見事に融合させています。



◆ビオットのガラス工芸品 Biot


吹きガラスで知られる工芸村のビオットでは、ビオット・ガラス工房www.verreriebiot.com が、世界中にバブル・ガラス製品を輸出しています。
ギヨ・ガラス工房www.verrerieguyot.free.fr も、金箔や銀箔を使ったカラフルな一点物の作品を制作しています。
ビオット村には多くのガラス職人が住んでいて、伝統的なものからオリジナルなものまで幅広い品物を作っています。中には芸術品とみなされるような作品もあります。50年代に、陶芸家のエロワ・モノが、この村独特の気泡の入った吹きガラスの技術を再発見し、発展させました。
もっとも有名なのは、ビオット・ガラス工房のジャン・クロード・ノヴァロです。才能豊かな吹きガラス職人で、今では、世界で最も評価の高いガラス職人の1人となっています。


 


◆ヴァロリスの陶芸品 Vallauris


ジャン・マレーやジャン・コクトーが暮らしたことで知られるヴァロリス村には、現在、数多くの陶芸家が住んでいます。
陶芸はヴァロリスの村の伝統的な工芸文化。村ではこの伝統を大切に守ろうとしています。狭い路地を散歩してみれば、いくつものギャラリーや工房が並ぶことに気づくでしょう。国際的な展覧会に作品を出品するような世界的な活躍をしている陶芸家たちの多くが、実はこの小さな村をベースに活動をしているのです。


 


◆香水 Grasse


グラースは香水の都。いくつもある香水工場では、見学が楽しめるのはもちろん、工場に併設されたブティックでショッピングが楽しめます。・フラゴナールwww.fragonard.com・モリナールwww.molinard.com・ガリマールwww.galimard.com
さらに詳しくお知りになりたい方は、下記のサイトをご覧ください。





見どころ

見どころ