湖畔でハイキング

  • © Atout France/PHOVOIR

湖畔でハイキング rhone-alpes fr

アヌシーやル・ブルジェ、ポンソンなど高地にある湖のハイキングコースは今では一般に広く知られていますが、アルプス山脈やピレネー山脈に点在する美しい小さな湖もお勧めのハイキングコースです。この一帯は初心者やご家族でも容易にアクセスのできるハイキング道が整備されており1時間から2時間くらいで標高300~600メートルの高台に辿りつくことができます。

 アルプス前山地域では、石灰質の土壌がその地帯を流れる小川によって徐々に浸食されて自然に出来上がった窪地や洞窟をご覧頂くことができます。フランスの珍しい山岳風景を楽しんでみてはいかがですか?


アルプス山脈内

ローヴィテル湖 Lac du Lauvitel (オワザン Oisans)

ローヴィテル湖は標高1530メートルのところにあるヴェネオン渓谷の支流にある湖です。エクラン山群の中にいくつかある小さな湖群の中で‘最大’の湖で、手つかずの自然が残っており今日でも科学者達の研究対象になっています。ヴェネオン渓谷の上部にある谷は完全天然保護地域に指定されており、いかにも未開の土地といった雰囲気のある渓谷で、ヴェノスクやサン・クリストフ、ベラルドの集落などへは、くねくねと蛇行する狭い山道を進まないとアクセスできません。ブール・ドワザンや、アルプ・デュエズなどからの出発がお勧めです。

 

アロ湖 Lac d'Allos (メルカントゥール国立公園内)

メルカントゥール国立公園にあるアロ湖は、ヨーロッパで標高の高い位置(2230メートル)にある自然に出来た最も大きな湖で、アロ渓谷 Val d'Allosから容易にアクセスすることができます。近くに聳えるペラ山 Mont Pelat (標高3052メートル)に見下ろされるように佇むアロ湖では高山植物や高地に生息する珍しい動物を目にすることができます。アロ湖はアルプス山脈を縫うように流れるヴェルドン川の急流に続いています。

 

ヴァルゴードマール湖 Lacs du Valgaudemar (オート=アルプ県)

ヴァルゴードマール湖はエクラン山群南部の深く窪んだ溝地にある湖です。周辺には人里離れた村々が点在し、多くのハイキングコース、またはあまり知られていない登山コースの出発地点となっています。 標高2000メートルのローゾン高原にある小さくてかわいらしいヴァルゴードマール湖は、ハイキング初心者にもお勧めの簡単な散策コースです。まるでヒマラヤを思わせるような岩壁や絵に描いたように美しい滝の数々など、若干険しい山道を進んでいくと美しいペタレル湖群に辿りつくことができます。

 

ブラン湖 Lac Blanc (シャモニー)

シャモニーにあるエギュイーユ・ルージュ(Aiguilles Rouges、赤い針峰群)の中、標高2350メートルの高台にあるブラン湖は非常に絵になる景色が楽しめる湖です。モンブラン山塊の中でも特に人気のハイキングコースとして知られており、自然保護地区に指定されています。シャモニーを訪れたら必ずや訪れたい観光地となっています。

レ・セット・ロー Les 7 Laux (ベルドンヌ山内) 

フレンチアルプスの有名なスキー場の1つとして知られるレ・セット・ロー。ロー(Laux)とは地元に伝わる言い伝えで「湖」を指し、グルノーブルからオワザン(イゼール県)の間に広がるベルドンヌ山 Bellledonneの中で7つの美しい湖をご覧になることができます。

 

ヴァノワーズ湖 Lacs de la Vanoise (サヴォワ県)

フランスでいち早く、1963年に国立公園に指定されたヴァノワーズは、夏は登山、冬はウィンタースポーツが盛んな地域でシャモワやアイペックスなど山岳性野生ヤギを今日も目にすることができます。経験を積んだ登山家たちにも愛されるハイキングコースでは、これらの野生動物の群れを至近距離から観察することができます。ヴァノワーズには約100の湖があることが確認されており、オソワ Aussoisやテルミニョン Termignon (モーリエンヌMaurienne側)、プラロニャンPralognan (タランテーズTarentaise側)、ロズエルRosuelからアクセスすることが可能です。中でもアントル=ル=ラックEntre-le-lac(プラン=リシャールPlan Richardの湖群近く)は周囲を湖に囲まれており、画趣に富む美しい自然が楽しめる人気の休憩地点となっています。

 

アンテルヌ湖 Lac d'Anterne

モンブランの北部、アルヴ=ジフル山塊 Massif Arve-Giffre (スキー場名としては「グラン=マッシフ」で有名)にあるアンテルヌ湖は、標高2060メートルの高台にある、山岳景色と海嶺の両方が楽しめる湖です。それほど高地にあるわけではないものの、湖に辿りつくまでには約3時間の急傾斜の山道を進まなければなりません。しかしながら到着点で楽しめる美しい自然景色はお墨付きです。

 

ピレネー山脈内

ゴーブ湖 Lac de Gaube (ピレネー国立公園 Parc des Pyrenees)

フランス=スペイン間の自然国境となっているピレネー山脈は2つの区分に分けられますが、フランス側にある標高3298メートルのヴィニュマール峰とともに管理されているピレネー国立公園にはゴーブ湖(標高1700メートル)があります。大きくて美しいゴーブ湖へはスキー用のチェアリフト、もしくは若干厳しいハイキングコースを歩いてアクセスすることが可能です。歩いて行った場合には途中でコトレ Cauteretsのスペイン橋 Pont d'Espagneを見学することができます。

ネォヴィエル山塊に点在する湖 Les lacs du massif de Neouvielle

ピレネー山脈にあるオール渓谷 Vallee d'Aure(東側)とバレージュ渓谷 Vallee de Bareges(西側)からアクセスが可能なネオヴィエル山は数々の美しい湖が点在することで知られる自然保護地区です。サン=ラリー Saint-Laryとエスピヨード Espiaube (オール渓谷内)からはダム湖でもあるルール湖 Lac de l'Oule、バレージュBaregesからはグレール湖 Lac de Glereや一番高台(標高2600メートル)にある有名なブルー湖 Lac Bleuに辿りつくことができます。 

見どころ

見どころ